CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
しずちゃんと あさこねえさん Part.2
フィギュアスケートのキム・ヨナ選手が演技の最後で見せる 「バーン!」 のポーズって、もしかしてしずちゃんを意識してんの?。
はい、じゃあトークライブ・レポのつづきです

【その 黒船来襲!新人時代のしずちゃん】

これはしずちゃんが新人の頃からいかにブッチギリな存在感を放っていたかというエピソードなんですけど。
まだあの子が世間的に無名の時代、すでに東京の女芸人さんたちの間ではその噂がとどろいてたんだって。
「いま大阪の若手では、友近としずちゃんっていう2人が凄いらしい」 みたいな噂が。
友近の舞台は大阪に行ってでもチェックおくべきだし、
しずちゃんは数多の芸人からひっきりなしにコンビを組みたいと誘われているらしい、と。

いとう 「そのころ同時に何人ぐらいから誘われてたの?。」
しず 「5人です。」
いとう 「5人も!?、すげえ。それってもしかして全員男!?。」
しず 「はい。」
いとう 「うそ!いいなーーーっ!!!。羨ましいぃ〜。
そのときが人生のモテ期のピークだったんじゃないの?。」
しず 「ああ、そうですよね(笑)。もうそんな状況はないですからね。」
いとう 「だよね。で、なんでその中から山ちゃんを選んだの?。」
しず 「一番気持ち悪かったから。」
いとう 「あ、やっぱりそこなんだ(笑)。」

「一番気持ち悪かったから」 とキッパリ即答したときの迷いの無さね。
男前と組んだらネタに集中できないからってことで。
またいとうさんは、しずちゃんの姿を初めてテレビで見たとき(おしず西中サーキット時代)の印象についてこう語っていました。

いとう 「深夜番組で初めて見たとき、『なんだこのデカい奴?!』 ってびっくりしたもん。
『こんな子が出てきたらヤバい!私なんてどうしたらいいんだろう…』 とか思って戦々恐々としたよ。」
しず 「へぇ〜。」
いとう 「だからその何年か後にM-1の決勝で南海キャンディーズを見たときには、『ギャーーッ!!、やっぱり出てきたあのバケモン!!!。』 って、ひっくり返ったんだから!(笑)。」
しず 「(大笑)」

もう東京の女芸人さんたちの間では、しずちゃんの登場はちょっとした黒船来襲ぐらいのインパクトがあったのかも。
だって同業者から一目置かれたらそれはホンモノですもんね。
やっぱしずちゃんって昔から凄いんだなー。


【おまけ : いとうさんが山ちゃんのことを…】

しずちゃんは才能のある男性に惚れる、という話をしていたときの一幕。

いとう 「才能と言えばさ、あなたの相方の山ちゃんって凄くない?。
あのトーク力、あれとてつもないよね!?。言い返しの反射神経も言葉の多さも!。
何を言っても拾ってくれるから安心してボケられるでしょ?。」
しず 「…ああ、はい。」
いとう 「だからずっと山ちゃんさんって私よりも先輩だと思ってたのよ。
そしたらさっき裏で聞いたら全然後輩なのね!。」

おお、姐さんはおしずだけでなく相方さんのこともえらく買ってくれてるみたいだ。
でもあさこ姐さんももうじき40歳なのに、それよりも芸暦が上に見られていた山ちゃんって…w。
それで山ちゃんに初めて会ったときの印象もこう言っていました。

いとう 「テレビで見てたときは山ちゃんって 『小柄で弱々しくて情けない男』 っていうイメージがあったんだけど、実際会うと意外に大きいよね?。」
しず 「そうですね。」
いとう 「意外とガッチリしていて男らしいから、イメージとのギャップで、一瞬かっこいい!と思っちゃった。」
しず 「え ええーーーっっ!!!。」(←ドン引き)
いとう 「ほんとに(笑)。山ちゃんって身長何センチぐらいあるの?。」
しず 「えっと…、ひゃくななじゅう‥‥、うーん…?。
あまり興味がないから分からないです(笑)。」
いとう 「興味持てよ!(笑)。」

178cmだよw。
毎回漫才のつかみでそう言ってるじゃんw。毎回。
おしずの中で山ちゃんの言葉ってのは、右から左に受け流されちゃってんだなぁ(笑)。

ってな感じで。かなり楽しいトークライブでした。
1時間もぶっ続けでおしゃべりするしずちゃんなんてテレビじゃ絶対見られないですもんね。 しかも1000円ポッキリ。

一応ゲストということで、最後にいとうさんから 「何か告知したいことはある?」 とフられたしずちゃんは、
「3月にボクシングの全国大会に出場します。」
と言っとりました。
「他に宣伝はないの?」 と聞かれたしずちゃんは、
「町田に私よりも大きい女性がいるので、20日にスパーリングしに行ってきます。」
と、言っとりました。
頭ん中そればっか(笑)。 決してお客さんに告知する必要はないと思うんだけど。
もうあの子、ジャンルで言うと完全にボクサーだねw。
| しずちゃん | comments(0) | trackbacks(0) |
しずちゃんと あさこねえさん Part.1
「浅倉南39歳。 なんでだろう南、30過ぎた頃からかな〜? ‥‥‥あはっ、
イライラする!★」

先週、いとうあさこさんのトークライブにしずちゃんが出演するということで、観に行ってきました。
そういうイベントがあるなんてことは知らなかったのですが、たまたまいとうさんのブログを読んでいた友達が教えてくれて。
やっぱ持つべきものは友達だな〜と♪。 感謝感謝。

このライブはお客さんも出演者も自由に飲み食いしながら進んでくのですが、
まあぁ〜、酒の入ったあさこ姐さんがよくしゃべることしゃべること。
何杯マッコリ飲んでんでんだよw。
前半、みはるさんっていう女芸人の方と2人でしゃべって歌う本編が一時間ちょい。
後半、ゲスト(しずちゃん)を迎えて3人で一時間。って感じですね。
私服姿のリラックスしたしずちゃんが見られて、なんだかいい感じ♪♪。
せっかくなのでしずちゃんのトークの中から、僕も初めて聞いたエピソードをいくつかピックアップしていきます。


【その  しずちゃん、近ごろ自分を見失う】

髪を切り、体を鍛え出してからは、どこに行っても男性に見間違いられるようになったというしずちゃん。
特に銭湯に行った場合は、100%周りのおばちゃん達からキャーッと悲鳴を浴びるそうで。
そんな日々の中、「自分はハタから見れば男なんだ」 という自意識が強くなり、
ついには買い物の際に女性用の下着売り場に近づけなくなっちゃったと。
変態男だと思われたくないからね。
そのため現在はもっぱら男性用の下着を買って着用している、というお話。

しず 「そんなんやから、最近自分が何者なのか分からなくなってきて。
いとう 「いやいや(笑)、あなた正真正銘の女だから!。思い出してしずちゃんw。」

う〜ん、そう言えばサイパンの空港でも一悶着あったしねぇ。
とはいえ本人は男と間違われることが、決して嫌ではないみたいですよ。
で、こういう話でいうと、僕は中学生の時代にかなり自分を見失ってました(笑)。


【その  10年間 片思いした彼】

よく話題に出てくる、バンドマンだった同級生の彼。
もしかしたらバレンタインの日にしずちゃんを警察に通報したのもこの人かな?。
そのかつて10年間片思いし続けた彼から、昨年のM-1終了後にメールが来たんだって。
「決勝進出おめでとう。 結果は残念だったけど面白かったよ。」、みたいな内容の。
それは知り合って以来、初めて彼の方から話し掛けてくれた言葉だったので、しずちゃんもめちゃくちゃ嬉しかったそうで。

しかし、そんな舞い上がる気持ちでメッセージを読み進めていった先に、追伸としてこんな一文が書いてあったのです…。

「ところで俺、今度結婚することになりました。」

ガビーーーン!。
しずちゃんが一気に天国から地獄へ突き落とされた、というお話。

いとう 「(優しい言葉で勘違いさせないように、)ビシっと予防線張られてんじゃんw。
でもわざわざそのタイミングで報告しなくてもいいのにねぇ。別の日にしてくれたら。
それで何て返事を返したの?。」
しず 「簡潔に。 『メールありがとう。 結婚おめでとうございます。』 とだけ…。」
いとう 「うわーん、なんか私まで泣きそうになってきたよぉ〜。
マスター!マッコリもう一杯!!。」

と言って、グビっと手持ちのマッコリを飲み干すあさこ姐さん。
僕も片思い専門家としては泣きたくなるシチュエーションだ。

ちなみに飲んべえな姐さんの隣で、この日おしずが注文したドリンクはトマトジュース1杯。
飲み物ひとつとっても身体のことを気にしてるのでしょうか?。
もはやあの子はジャンルでいうと <アスリート> だね(笑)。

このレポの続きは気が向いたらもうちょっと書いてきたいと思います。

♪今日のBGM : 愛がひとりぼっち / 岩崎良美

| しずちゃん | comments(0) | trackbacks(0) |
あんなこと、こんなこと
こないだ 『誰だって波乱爆笑』 に南海さんたちが出てましたね。
ここにきて南海キャンディーズだけでみっちり1時間ですよ。
最近そんなふうにトーク番組のメインゲストで呼んでもらえる機会は少なくなっていたので、ナイス日テレ!としか言えないです。 びっくり。

で、その番組中で一番印象に残ったのが、山ちゃんが愛してやまないAKB48のメンバーから、目覚まし時計をプレゼントされた場面。
「山ちゃん、朝だよ起きて!起きないとお仕置きしちゃうぞ〜!」 みたいな生声メッセージ入りの目覚ましなんだ。
だもんだから 山ちゃん大感激しちゃって、心から 「地球に生まれて良かったー!」 な状態に浸ってるわけ。

が、そのときですよ!。 事件が起きたのは。
イタズラっ子しずちゃんが おもむろにその時計を取り上げ、いきなりAKBのメッセージを消去して、代わりに 「山ちゃ〜ん♪」 と、自らの声を吹き込み始めたんです!!(笑)。

僕もドヒャーッ!となって。
「ぬわーっ ズリぃー!、山ちゃんズルーい!!」 みたいな。
思わず椅子から立ち上がってましたもん。
当の山ちゃんは、怒髪 天を衝くがごとくブチギレてたけどw。

だって考えてみて下さいよ、しずちゃんの声が入った目覚まし時計ですよ!?。
全ての目覚まし時計の中でも一番いいやつじゃんね。
羨ましいこっちゃだよ。
そりゃあさ、あのおしずさんの低音ボイスとまったりとした口調では、目覚まし効果としては弱いかもしれませんが。
むしろ眠気しか沸いてこないと思いますが。

だからあれを見てそういう気持ちになった人もいるだろうなと思い、番組の感想を書いているブログをいろいろ検索してみたんです。
そしたらその目覚まし時計をめぐる一連のやり取りについて、ほとんどが、

単純に、「しずちゃん面白い!」 という意見
さすがに、「山ちゃんかわいそう…」 という意見
そして一部の熱狂的なAKBファンから、「山里ざまーみろw」 という意見(笑)

…の3パターンしかなかったですね。
僕、あれ?、みたいな。
ちなみに、山ちゃんにはその後ちゃんとAKBからのメッセージ入り時計がもう一個プレゼントされてました (きっとしずちゃんは時計が2つあることを事前に知っていたからこそのイタズラだったんだと思われます)。めでたしめでたし。


でもテレビを見てると、そういう場面にちょくちょく出くわしません?。
例えば去年の “リンカーン大運動会”。
しずちゃんが昼食用にと手作りの焼きイモを持ってきたシーンがありまして。

しず 「(共演者たちに対して) お前らみたいなしょうもない芸人たちに私の手料理を食べさすのはもったいないんやけど、唯一食べてもらいたいのが…、人志さん♪。」
と言って、松ちゃんに無理やり食わせたんです。
あんなのとかも見ててウワ〜っと思いましたね。
さすがダウンタウンぐらいになると、しずちゃんのイモを食べることができるのかぁー、と。
また他の番組ではさんまさんにもイモを食べさせてたし。 要するにあのクラスだ。

叶うなら僕だってひとカケラでもいいから…、
などと贅沢なことは言わないので、せめて焦げ落ちた皮の部分でいいから食べてみたいよ。 はふ〜。


♪今日のBGM : あの娘は長澤まさみより / THE 抱きしめるズ
| しずちゃん | comments(2) | trackbacks(0) |
運命のゴング!!
今日はボクサーしずちゃんが全国大会の選考会に出場するらしいです!。
うわ〜、ついに向かえた公式戦デビューだ。
どうしよう、ケガなんかしちゃったらどうしよう。
僕はといえば朝からソワソワが止まらず、急きょ携帯から日記を更新しておりますw。ムギャー。

頑張れしずちゃん、特訓の成果を見せるんだっ!。
つうかその前におしずの階級に相手はいるのかっ!??。
| しずちゃん | comments(0) | trackbacks(0) |
徹子恐るべし
ちと前の話になるけど、しずちゃんが 『徹子の部屋』 に出演されていました。

徹子の部屋といえば “芸人泣かせ” の番組としておなじみで、今までどれだけの芸人さんたちが徹子の天然なムチャブリとボケ殺しの前に惨敗を重ねてきたことか。
かつては南海キャンディーズも例にもれず見事に粉砕された過去がありますが、今回はしずちゃん1人ということで、“まったり系のおしず vs マシンガンのごとく喋りまくる徹子” という、全く展開が読めない異種格闘技戦の様相を呈していました。

番組開始からペースを握ったのはやはり百戦錬磨の徹子黒柳。
おしずが一言発する間に、徹子はカンペにして10行ぐらいしゃべるしゃべる。
そんな中しずちゃんも常套手段である <タメ口&上から目線> と <自画自賛発言> で仕掛けていきます。
が、徹子はそれに対してツッコむでもなく笑うでもなく、全て受け入れるんですよ!。

徹子 「今日のヘアスタイル とってもかわいいのね。」
しず 「これ今度マネしてもええよ(笑)。」
徹子 「いい?、そうですか。 じゃあ今度マネさせていただきますね。」
しず 「‥‥‥‥」

徹子 「美少女コンテストやモーニング娘には入れなかったけど、今はこうして女優さんとしてやってらっしゃるんだから良かったんじゃないですか?。」
しず 「まあ結果的にいろいろやらせてもらって、こんなに美しくなれたので良かったとは思ってますね。」
徹子 「ええ、美しくなれたから。なるほどねぇ。
しず 「‥‥‥‥」

こんな感じw。
しずちゃんみたいなボケの場合、ツッコミが入らないと まるで本当に勘違いしてるだけの人みたいに映っちゃう怖れがあるからさぁ(笑)。
天然で素直な徹子さんにはまいっちゃうね。

しかも終盤戦に入る頃には、おしずの言葉を受け入れるだけにはとどまらず、
徹子 「こんなにキレイになってスタイルもいいんだから、スーパーモデルにもなれると思いますよ。」
などと、さらなる誉め言葉を上乗せして返すようなって。
さすがのしずちゃんもこれにはたまらず、首を振りながら 「いや、とんでもないです」 とか謙遜しちゃったんだから(笑)。
かなり珍しいですよ、テレビで謙遜するしずちゃんなんて。

そりゃしずちゃんだって実際は普通に謙虚で謙遜しいな人だとは思うけど、テレビや舞台ではそういう面は見せないじゃないですか?。
そんなおしずの鉄壁のキャラクターを、ものの30分足らずでひっぺがした徹子
恐るべし徹子!な瞬間を目の当たりにした気分でした。

今回の徹子の部屋からの話で、もう少し触れたい部分もあったので、また今度書きますね。
| しずちゃん | comments(0) | trackbacks(0) |
バッサリ!

前に番組で 「しずちゃんが今最も信頼を寄せている親友」 と紹介されていたプロボクサーのRAIKAさん。そのRAIKAさんのブログにおしずがたびたび登場するので、最近よくチェックしています。
そしたら先週末ぐらいかな、そこにぶったまげるような写真がアップされてまして。
なんと、しずちゃんの長かった髪の毛がバッサリ切られてるんですよ!!。
あんなに短いのって何年ぶりだろ?。それこそM-1に出てた頃のしずちゃんに戻ったみたいで。
ショートカット好きな僕としては、しずちゃんもいつかはあの頃みたいな髪型に戻してくれないかなぁ…なんて、ずーーーーーっと思ってたもんだから、テンション上がった上がった!。 武藤敬司が坊主頭になったとき以来の衝撃だよ。
思えば去年の夏に茶髪になったしずちゃんが今年の夏には短髪になって…。
なんか髪をイジりたくなる季節なのかな?。
でもそんなに一気に変身しちゃって、シャンプーのCMの方は大丈夫なのでしょうか。

それか、もしかしたらあれかな?、
先週 『笑っていいとも』 に出演された際にもチラッと言ってたけど、プロのボクサーを目指してみたいっていう。
運動するのにロン毛はうっとうしいですもんね。
まあでもそれはともかく、どうせならいいともに出る前に切れば良かったのにね。
タモさんに伝家の宝刀 「髪切った?」 のお言葉をいただけるチャンスでしたもん(笑)、惜しかったな〜。

皆さんは髪を切るときっていうのは、やはり美容院や床屋さんに行く場合がほとんどなんですかね?。
僕は自分で切っちゃうタイプだから、何年もそういうお店に行ってないんですよ。
もうね、しょっちゅう切りたくなるから、いちいちお金払ってお店行ってらんないわけ。
今なんかも前髪を短くしすぎてちょっとヘコんでるぐらいなんですけど。

で、実は最近、「“自分で散髪する” ことは、もしかしたらパンクロックファンの間では
あるあるネタなんじゃないか?」 という説を唱えている者なんですわたくし。
だってパンクのCDを聴いてると無性に髪を切りたくなるんだから。本当に。
トリビアの泉が復活したらぜひこの説を応募したいぐらい。
まあもっと正確に言うと、パンクを聴きながらそのCDジャケットを眺めてるときかな。
ピストルズとかクラッシュとかリチャードヘルとか、僕の好きな70年代のバンドマンの人たちってみんな短髪ヘアーをツンツンに逆立ててますからね。
となると、「自分ばかりいつまでもモッサリしてらんないだろ!」 みたいな衝動が…。

そのスイッチが入ってしまうと、ジョキジョキバサバサ切りまくることが気持ち良くなっちゃって、「そんなに短くしたらあとで後悔するんじゃないの?」、って部分まで考えられなくなるんですよ。
ほんで翌朝、鏡を見てヘコむっていう一連のパターンで。年中その繰り返し。
やっぱ反省するのは猿でも出来るらしいから、僕はあえて 「後悔するけど反省しない!」  っていうワンパクな生き方を目指しているわけです。
‥‥ウソ、強がり言った。

とりあえず僕がいいともに出たらこうしよう。
その日までに髪を伸ばして、本番前、ロン毛の状態でタモさんに挨拶しに行く。
その後自分の楽屋に戻って一気にバリカンで刈り上げ、いざ生本番に臨む。
てな感じで、なんとかして伝家の宝刀を引き出したいものですね。


♪今日のBGM : WHITE RIOT / THE CLASH

| しずちゃん | comments(0) | trackbacks(0) |
ボロ泣き

先日、しずちゃんが出演されていた舞台 『ゼブラ』 を観に行ってきました。
笑いあり・笑いあり・感動あり・笑いあり、
ぐらいのバランスのお芝居でちょうど面白かったです。       ちょうど?

やっぱりしずちゃんは持って生まれたあのガタイだから、すごく舞台映えしますよね。
しかも回想シーンではしずちゃんらが演じる四姉妹の幼少時代〜にさかのぼる場面もあるんだけど、そこでも子役は使わずにおしず本人が演じてましたから(笑)。あの大きさのまま。
子供らしいパジャマ姿から→体育着→セーラー服。 大人になって普段着→喪服。
その辺の高速七変化っぷりも見どころでした。
(余談 : そういう意味では、おしずの姉役・斉藤由貴さんのセーラー服姿なんて、
スケバン刑事時代からのファンの人たちには相当嬉しいプレゼントだったかもねw)
あと本人が心配してた声量のことも、こっちは全然気にならなかったです。
と言っても実際のところ僕は最前列で観てたので、後ろの方のお客さんがどう感じてたか、までは分かんないけどw。 でもきっと大丈夫でしょう、上手だったし。

それでせっかく最前列に座れたんだから、終演後の出演者全員での挨拶のときに 「なんとかしずちゃんと目を合わせらんないかなぁ〜?」 と思って、目の前に立ってるおしずのことを一生懸命にガン見したんですよ(笑)。 結局合わなかったけど。
案外ステージ上の人って、真下の方は見ないもんですね。
つうかしずちゃんはそれどころじゃなかった?…。

というのも、その日は約3週間続いた今回の舞台の千秋楽。
これが本当に最後の挨拶になるということで、感動屋のしずちゃんは泣いちゃって泣いちゃって。もう号泣。
客席からも 「しずちゃん頑張って!」 の声が飛び交うもんだから僕ももらいそうw。
それでも自分のしゃべる番が来たら、
「(共演者は)皆さんすごく空気感のいい人たちばかりで、でしゃばる人間もいなくて楽しかったです。
‥‥あえて言うなら少しあかねちゃんがでしゃばってたけど(笑)。」
なんて、ちょくちょく大沢あかねさんをイジって笑いを取ってたけど、でもやっぱ泣いちゃって…みたいな。
なんだかんだで、意外にもしずちゃんが出演陣の中で一番長くしゃべったかも。

それだけ頑張ったんだろうな〜、しずちゃん。
でまた、こうやって良い作品に次々と参加できる運も持ってますよね。
プロの役者さんでもそこに恵まれなくて力を発揮できてない人はいるだろうし。
または役者でない人が俳優業に挑戦してみたものの、なんか変な感じで中途半端に終わっちゃうパターンも多いですしね(笑)。 やんなきゃよかったね、みたいな。
だから運も大事な実力のうちなのかなって思いますけど。

それで挨拶の最後に、
「ここで勉強させてもらえたことを、次の仕事に生かしていきたいです」
と語ったしずちゃん。
公演前のインタビューでも、
「この舞台を乗り切ったら次のステップに進めると思う」
って意気込んでたっけ。

しずちゃんの言う “次” はどこを見てるのかな?。
お笑い一筋にこだわる山ちゃんもかっこいいけど、
好きなものがたくさんあって、それらに憧れて、どんどんどんどん新しい姿を見せてくれるしずちゃんも素敵すぎる。
ほんと 『すきすきどんどん』、なんだね。
(そういう2人だから、コンビとしての足並みは揃いにくのかもしれないけど…w。
あぁ、しずちゃんがあと3人ぐらい存在してくれたら万事は上手くいくのにな〜。)
とにかく、僕はこれからもしずちゃんのやることなすこと全てを応援していきたいです!。 えへん。


| しずちゃん | comments(0) | trackbacks(0) |
人間なんて
『世界!弾丸トラベラー』 の本が出るってんで楽しみにしてたのですが、
見たらもう笑っちゃいましたよ。
一応あれ、しずちゃんと梨花さんとしょこたんの3人旅を追ったフォトブックみたいな内容なんだけど、使われてる写真がほとんど梨花さんのショットばっかりで!w。
しょこたんもまあまあ写ってたけど、しずちゃん少なかったなー。
なんだろう、あの扱いの差はw。

で、思ったね。
あ〜なるほど、そういうことかと。日テレさんよと。
弾丸トラベラーっていうのは割と女性視聴者をターゲットにした番組だから、女性に人気のあるタレントさん3人をMCに起用したところから始まって。 その中で特に誰がメインってこともなく、み〜んなで1年半やってきたわけじゃないですか?。
それがいざ番組初のガイドブックを作って売ろう!となったときに、結局お笑いの人よりも、モデルやアイドルの人を前面に出すんだもんな〜。 まいっちゃうな〜。

でも、「あ、なんだ結局そういうことか」 と、自分の分を痛感させられる瞬間って、日常にもありますよね。
例えば大学のサークルに入ったばかり頃の話。
そういうところじゃ男子も女子も混ぜっこぜで遊びに行ったりするから、めったに異性と接したことのない僕なんかビクビクしちゃって、
「やばい、これが噂に聞く バラ色のキャンパスライフ??。今日から僕、変わっちゃうの!?」 ぐらいのテンションとドキドキ感だったんだけど。
でも同じ新入生の中にはオシャレでかっこいい人もいっぱいいるし、だんだん 「あれ、僕、だれの眼中にも入ってないな…?」 っていうことに途中で気づいてw。
そりゃそっかあ、みたいな。
結局その輪からあぶれた ダメ〜な男の子同士で固まっていくいつものパターンね。

現実はだいたいそんなもんだから、せめて妄想の方 妄想の方へ楽しみを見出そうとするのも仕方ない話で。
べつに高望みなんてしたことないんですよ?。普通の子でいいんだ。フツーの。
自分より長身の人がいいとかも、もう言いません。
その普通の子と 「寒いね〜」 なんつって、白い息吐きながら銭湯に行きたいわけ。

↑っていうのがこの冬、僕の中で一番流行った妄想シチュエーションなんだけど。
まあ、これを実現させるには高円寺辺りにある、風呂なしボロアパートに住む必要があるのですが。
イメージとしては昔の拓郎さんとかかぐや姫が歌ってた四畳半フォークソングの世界観だよね。 
今どきちょっと古いかもしんないけど、妄想だから時間も空間も関係ないです。
きっと僕はドテラを羽織って下駄履いて…。髪なんかも伸ばすのかな?。
ほんで肩まで伸びたら結婚しようよ、なーんつってさ!!!。
チックショ〜〜ッ、神田川に身投げしたくなってきた。

…はい。現実に戻って。
この日記はいつも冒頭部分と着地点の内容がバラバラ過ぎるね。
しずちゃんの話題に対して、僕の変な灰色ライフを引き合いに出すのは失礼な気がしてきました。ゴメンナサイ。
でも本当に引越し資金ためようかな。
妄想先行で引っ越すパターンがあってもいいと思う今日この頃でした。

♪今日のBGM : シンシア / よしだたくろう&かまやつひろし


| しずちゃん | comments(8) | trackbacks(0) |
憧れノイローゼ
しずちゃんがついにボクシングのライセンスを取得されたそうです!。
すごい、もうなんなんでしょうかあの子は(笑)。たまげました。
前から多趣味多趣味とは言われてたけど、そろそろ趣味の域を超えてますよね。
あとは対戦相手さえ見つかれば実際に試合にも出られるみたいなんだけど…、なかなかしずちゃんの階級の女子選手なんていないでしょうねw。
もし本当にデビューすることになったら、そのときのリングネームはやっぱり 『ジャイアント乙女』 でいくのかな?。

どうでもいいけど皆さんは自分のリングネームとかってお持ちですか?。
僕は学校の文化祭で学生プロレスみたいなことをやったときに、グレート・テラと名乗ってたんですよ。
それは僕が子供の頃から大好きだったプロレスラーのグレート・ムタからパクらせてもらった名前で。要は僕がムタのこと好き過ぎるだけなんですけど。
でも先週のタイトル戦にムタが負けちゃって今は悔しさの真っ只中です。高山め〜。

そんでしずちゃんって、『あしたのジョー』 に憧れてボクシングを始めたように、憧れの対象と同じことを自分でもやってみようとするフシがありますよね。
スキューバー・ダイビングの免許を取ったのもそんな理由だったし。
そういう点では、僕も何かと憧れやすい性格だし多少マネ事をすることはあるんだけど、基本僕の場合はよりミーハーな方向に燃えちゃうタイプで。
例えばウチの部屋の中なんて、まるで中学生男子の部屋か?ってぐらい、ヒーロー達のポスターがところ狭しと貼られまくってるんですよ。

その中でも一番枚数多く貼っているのが、さっき言ったグレート・ムタで3枚。
次にブルース・リーが2枚。 セックス・ピストルズ、ザ・クラッシュ、ラモーンズがそれぞれ1枚ずつ…といった具合で、非常にむさ苦しい部屋模様となっております。

普通はさ、思春期あたりで一度 憧れや興味の対象が同性のヒーローから異性のアイドルに移ったりする人も多いのかもしれないけど、僕にはそういう波が全然来なくて。ティーン時代。
その分だけ中坊的な憧れ症候群が、純度そのままで続いちゃってるのかな?って感じがしますけどね。よく分かんないけど。

そういえばこんな事件がありました。
高校卒業直後の春、久しぶりに友達の家に遊びに行ったときのことなのですが。
それまでは読売ジャイアンツやドラゴンボールのポスターを貼り巡らし、確実に僕と同類だなと思っていた彼の部屋が、いつの間にかモーニング娘の加護ちゃん一色になってたんですよ!。
うわーっ!と思って面食らっちゃったんだけど。
…でもそこまで好きになったアイドル(加護ちゃん)が、彼史上初めてハマったであろうアイドル(加護ちゃん)が、その後マッハのスピードで不良になっちまってw
今どんな気分なのかな?。なんだか彼が不憫でしょうがないよw。



部屋の一角。

天井にピストルズ
左にグレート・ムタ
右にブルース・リー


| しずちゃん | comments(0) | trackbacks(0) |
今年も生きてて良かった!


こういう話って今までなんとなく恥ずかしくて書いたことなかったんですけど、僕は毎年しずちゃんの誕生日にプレゼントを贈ってるんです。
と言っても本当に全然大したものではなくて、ここにわざわざ書くのも恥ずかしいようなオモチャみたい品なのですが…。
それでも一応僕なりに、どんなものが喜んでもらえるのかな?とか考えながら探したり選んだりしていまして。


そしたらですね、なんと昨日!


驚くことに…


しずちゃんからお礼のお手紙が届いたんです!!!。



どわーーっ、うわーーっ、すっっごーーいっっ!!。
もうすっごい嬉しいどうしようすっごい嬉しいです僕すごい嬉しいんですしずちゃん、しずちゃんって!すごいめっちゃ嬉しい嬉し過ぎるもうムリムリムリムリわーん。

…優しいなあしずちゃんは。
手紙ではその誕生日プレゼントのことや、以前ファンレターに書いて出した僕の質問に少し答えてくれたり。
それプラス今回は “ゾウアメフラシ” のイラストが描いてありました。
ナメクジのようなナマコのような…、最初何の生物なのか分からなかったのですが、
きっとしずちゃんが、「自分を動物に例えるなら何?」 っていうアンケートのときによく答えてる 「ゾウアメフラシ」 で間違いないと思います。たぶん。
想像してみて下さい。「プレゼントどうもありがとう」 的な文章のあとに、それとは全く関係も脈絡もない、もぞもぞ動くゾウアメフラシ(どちらかというと不気味系生物)の絵がポツンと描いてあるシュールさw、しずちゃん最高ww。

前回お手紙をもらったときにはしずちゃんの自画像が描いてあって、今回がゾウアメフラシだから、ある意味自分の分身ぐらいにお気に入りの存在なのかな?。
前にしずちゃん、ゾウアメフラシのことを 「全然動かないし見た目も奇妙なんだけど、触ると心地良くて。見た目で判断したらダメなんです。」 って説明してました。


で、こういう話題になったので、なぜかこのタイミングで去年のお誕生日プレゼントの話でもしようかな。今さらだけど。
去年はドラゴンボールを1個あげたんです。
結構原作に忠実っぽいリアルなレプリカで。オレンジ色のガラスでできてて、なかなかキレイなんですよ。
それを下北沢の雑貨屋さんで見つけて。ラッピングしてもらって。
星の数はできれば原作で悟空が持っている四星球にしたかったのですが、売り切れていたので七星球をあげることになりました。

だから計画としては、その後も毎年1個ずつドラゴンボールを贈って、7年後にしずちゃんちで神龍を出現させちゃおうか? っていうのも考えたんだけど。
でもしずちゃんがドラゴンボールを大好きなのはファンの人なら知ってることなので、今までもさんざん似たようなプレゼントを貰ってる可能性は高いですよね。 既に家に何十個とあるかもしれないし。おしず自身も同じの買っちゃってるかもしれないし。
なので今年は全く別のプレゼントにしたのですが。
その話はまた1年後ぐらいに気が向いたら書こうかな。

ただプレゼントなんて、「これでもし一瞬でもいいから喜んでくれたら嬉しいなぁ」 とか考えてるのが楽しい、自己満足にも近い世界だったんだけど、まさかこんなことがあるなんて生きてて良かったよ(笑)。
もしかしたらこの瞬間が僕の人生のピークになるのかもしれないけど、これを糧にまた頑張れる気がします。 ありがとうしずちゃん。

| しずちゃん | comments(4) | trackbacks(0) |
<< | 2/7PAGES | >>