<< 南キャンのブログが好きで | main | もうっ!! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
好きこそ物の上手なれ
以前、川島小鳥さんという写真家さんの作品で、『BABY BABY』 っていう写真集がありました。
内容はタレントさんでもモデルさんでもない、1人の一般の女の子を4年に渡ってひたすら撮り続けたという、一風変わったもので。
当時出版社の作品賞を受賞したんですよね。

BABY BABY


で、見た人は 「この女の子は誰なんだろう?」 とか、
「4年も撮り続けるなんて、撮影者の川島さんとはどういう間柄なんだろう?」 なんて
気になるんだけど、そういう情報は一切が謎のままにされていて。
ただ女の子の表情やカメラを持つ川島さんとの距離感から察するに、決して恋人同士ってわけではなさそうなわけ。
かと言って、一方で川島さんにとってその娘が何かとっても特別な存在であることも写真から伝わってくるんだ。

そう、この作品は見れば見るほどに、片想いの相手を撮り続けたようにしか思えないんですよ。
すぐそこにいるのに触れられない、踏み出せないみたいな、
あの絶妙に甘酸っぱくて切ない距離感、空気感を写真集に閉じ込めて。
もう片想いマニアにはたまらない一冊でした。

その 『BABY BABY』 が費やした期間と同じく、4年に渡って一人の女の子の絵を描き続けている僕。
絵は写真と違って量産はできないけど、
その代わり一枚一枚に穴が開くほどの想いを込めて描くことはできます。
半端な気持ちなら半端な絵にしかならないし、
逆に思い入れたっぷりに描かれたものは、上手いとか下手とかを超越して、
良い絵、伝わる絵になるんじゃないかな?と思っています。
そしてこれからも僕はその1人の女の子、しずちゃんの絵を描き続けるのでしょう。


こんなことがありました。
3年ぐらい前に山ちゃん&麒麟田村さん&ネゴさんの3人でトークライブをやった際のこと。
話題は自分たちの “ファンレターの少なさ” という、悲しい方向に流れてたんだけど、
「でもこの3人のファンの人って顔とかで選んでないし、自分のことをすごく理解して応援してくれるから熱いんですよね!」 とか、
「俺らを選んでわざわざそこに手紙を書こうとしてくれるってのがスゴいよな〜」
みたいな感じで盛り上がり。

そのときに山ちゃんが、
「俺らのファンでいつも本格的なイラストを描いて持ってきてくれる方がいるんだけど、しずちゃんはそれがすごく嬉しいらしくて額縁に入れて部屋に飾ってるんですよ!」
と言ったんです。

したらそのライブに行った南キャン仲間さんが、「あの話、きっとテラさんのことですよね!?」 とかすごく言ってくれて。
ただ僕はそこで喜んでしまうと、もし別のファンの人の話だった場合に超赤っ恥になるからw、努めてクールに装ったんだ。
「いや〜、それは僕かどうか分からないですよ」 みたいな。 ハハハ、みたいな。

でも内心めっちゃくちゃフィーバーしちゃってさ!(笑)。
盆と正月が一気にやってきた気分よ。
だって実際にどのファンの人の絵を飾ったのかはともかくとして、
少なくともしずちゃんは、ファンからもらった絵をわざわざ額縁に入れてまで飾ってくれるような人なんだ!、…ってのは分かったわけだから。
そういうので喜んでくれるんだ♪♪ っていう。
そりゃテンションもモチベーションも上がらずにはいられないですよ。

それまでは正直、「あまりにマジなイラストを贈ると気持ち悪がられるんじゃないか?」 っていう怖さがあって、プレゼントするにしてもわりとコミカルなタッチで軽めのイラストを描いてたんです。
でもこの山ちゃんからのエピソードを聞いてからは一転、超めちゃんこ大マジメ!。
とにかく本気モードで描いてみて、特によくできたやつを渡しに行くっていうパターンになってったんだ。

そのことで もしさ、 …いやあんまり多くは望んじゃいけないけど、
もしそれでしずちゃんに喜んでもらえるとしたら、こんなに嬉しいことはないじゃないですか!?。
それは例えば宝くじが当たることよりも嬉しいよ。
だからこれからも一枚一枚、ギュウギュウになるぐらいの気持ちを込めて描いていこうと思うのです。


ここを読んでくれてる人たちは、何かの分野で1等賞を取った経験とかあるのかな?。
僕はあまりそういう輝かしさとは縁遠い人生を送ってる方だけど、
このままゆっくりでも続けていれば、いつか 『日本で1番しずちゃんのイラストを描いた人』 になれるかもしれないね。
今現在、自分が全国で何位なのかも分からないけど(分かりようもないけど)。
さしあたって吉本のキャラクターグッズ開発に携わってるイラストレーターさん辺りかな?。仕事上たくさんの南海キャンディーズやおしずのイラストを描いてそうなのは。
うん、その人にしよう!当面のライバルは(笑)。

“好きこそ物の上手なれ”
…なんていうことわざがあるけど、僕はこのことわざをすごく信じたいんです。
そんでもっともっと良い絵を描けるようになりたいですね♪。








…つうか山ちゃんは、
なんでしずちゃんちの部屋の中の様子まで知ってんだよ!!w。



♪今日のBGM : 大きな春子ちゃん / RCサクセション
♪♪〜  大きな春子ちゃん  わかっておくれ
    大きな春子ちゃん  君が好きさ
    僕は小さな男だけれど  認めておくれよ

    大きな春子ちゃん  君に夢中さ
    大きな春子ちゃん  こんなに好きなのに 君は大きすぎる
    君は可愛くてきれいすぎる

    ジャイアント馬場の奥さんにでもなるのかい
    大きな春子ちゃん  僕ではだめかい
    背の高さなんか関係ないのさ  認めておくれよ
    認めておくれよ  認めておくれよ  〜♪♪


山ちゃん

| イラスト | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
私も、しずちゃんが額縁に入れて飾ってた絵、きっとテラさんの絵だと思います〜\(^-^)/
しずちゃんも絵を描くのが好きだから、絵を描く人の気持ちもわかるだろうし(^^)きっともらって嬉しかったんですね♪
額縁に入れて飾ってくれるなんて、やっぱりしずちゃんってイイなぁ♪^_^♪ 山ちゃんの絵、みれて嬉しい〜\(^-^)/ホント特徴掴んでいて、お上手ですね!私も頑張らなくては〜…(笑)
思いを込めて描いた絵って良い絵になりますよね!私も随分、前に描いた絵とか今みると決して上手とは言えないんですが、すっごく気持ち込めて描いてた当時を思い出すと処分できないんです(((^^;)自分の中では「良いっ!」って思っちゃってて(笑)人がみたら「なんでこんな昔の絵なんてとっといてんの?」になるんですけどねww
テラさんにはこれからもしずちゃんの絵を描いていって欲しいです♪最近はしずちゃんに絵はプレゼントしてないですか?(^^)
| 花 | 2010/11/21 11:30 PM |
だからそんなこと言ってヌカ喜びさせないで下さいって!(笑)。
何年も前の話なのに、いま僕ニヤけちゃったじゃないですかw。
しずちゃんもやっぱり好きな人にはその人の絵を描いて贈るんですよね。
ジョジョの荒木先生に贈った絵を見たけど、超上手かったです。

山ちゃん久しぶりに描きましたけど、笑っちゃうぐらいに描きやすいですねあの人w。
おかっぱと赤メガネ描いときゃ山ちゃんのできあがりなんだから。
そういえば山ちゃんもファンからもらった絵を部屋に飾ってますよね。
2人ともいい人だなー、南海キャンディーズ。

おっ、花さんもそう思います!?。
捨てられないとかありますよね。
これは絵に限らず、人が作るモノには往々にして当てはまることかもしれませんね。
しずちゃんには最近はプレゼントしてないんです。
山ちゃんはともかく、しずちゃんはもう僕のことも覚えてないかも…w。
花さんは何かプレゼントしたり、ファンレターを送ったりすることはあるんですか?。
| テラ | 2010/11/22 11:15 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://osizusan.jugem.jp/trackback/789
トラックバック