<< 歳ごろの男子は悩む | main | 祝!!! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
『やらなきゃならないことをやるだけさ…

…だからうまくいくんだよ』。

これはロックの神様が言った言葉。
東京は高円寺に住んでいる、理想と現実の狭間で悩むバンドマンの前に現れたロックの神様(ボブ・ディラン似)がそう告げたんだな。
みうらじゅんさんの漫画&映画 『アイデン&ティティ』 の中でのお話ね。


“高円寺”。

…ああ、なんていい響きなんだろう。 高円寺。 こうえんじ。
僕は前々からその地名が大好き。
そんでもってその街に妙な憧れを持ってるんだ。
だって自分の好きになったものや人のことを調べていると、しょっちゅうこの “高円寺” っていうワードに出くわすんだから。

例えば先に書いた 『アイデン&ティティ』 もそうたし、小説 『グミ・チョコレート・パイン』 の舞台もたぶん高円寺だよね?。
作者のオーケンさんが生まれも育ちも高円寺だから。

また吉田の拓郎さんが 『高円寺』 って曲を歌ってたり、
筋少や銀杏やオナマシの曲の中にも高円寺が登場する。
銀杏BOYZのメンバーでいうと、チンくんが今も高円寺在住だし、
峯田さんは…、生まれて初めて出来た彼女が高円寺の娘だったらしいねw。

とまあ、その辺は時代的にまだ最近の人とか作品の話だけど。
もっともっと古くさかのぼると、なんといっても僕の中での高円寺のイメージは、
詩人の中原中也がいた街なんですよ!。
山口県から京都から東京から、いろんな土地で暮らした中也だったけど、
最愛の恋人を親友に取られて、「私はこの大東京で一人ぼっちにされたっ!」 とか書きなぐったのも高円寺、
そして代表作の 「汚れっちまった悲しみに…」 が生まれたのも高円寺(たぶん)。
傷付けば傷付いただけ良い作品ができてしまうっていう、悲しいぐらいに詩人体質な中也にとっては、やっぱり高円寺時代がターニングポイントだった気がするな〜。


…前置きが長くなりましたが。 何を言いたいかというと、
そうやって今まで散々思いを馳せてきた高円寺に、自分も今度引っ越すことになったんです!。
やりィ!。
別に越さなきゃならない事情とかはないんだけど、“憧れに引っ張られて引っ越す” っていう、妄想族特有のパターンね。
この計画のために金欠病の中 ちょっとずつちょっとずつ真面目に貯金してたんだから。
しかもこれが人生初の一人暮らし!!、…なもんでドキドキしちゃってるよ。
中也は初めて実家を出たときの気持ちを、「飛び立つ思いなり」 と書いてたけど、僕も一応そんな感じだ。

それに高円寺といえば昔ほどじゃないにしても、今でもやっぱり売れないバンドマンやら芸人やら漫画家たちがウジャウジャ住み着いますからね。
あの 『夢はあるけど金がない!』 みたいな無謀な若者たちに優しい感じ?。
なんだか僕でもきっと上手くやってけそうな気がするよ(笑)。


さてさて、新しい街で自分はこれからどんなふうに転がっていくのやら。
不安半分、わくわく半分。
それでも自分の中できっと何かが変わる方に、楽しくなる方に転がっていきたいものです。
また、そうできるように頑張らなくちゃね!。


(…あ、そういや高円寺に引っ越したら、山ちゃんの住む中野とは駅1つ隣のご近所さんになるな…。
万が一プライベートな山ちゃんとバッタリ遭遇でもしたら、吹き出してしまいそうw。)


♪今日のBGM : Buckets of Rain / Bob Dylan
♪♪〜  Life is sad
     Life is a bust
     All ya can do is do what you must.
     You do what you must do and ya do it well,
     I 'll do it for you, honey baby,
    

(訳詞)生きることは悲しいよ
     生きることはさわぎだよ
     できることは全て  やらなきゃならないことなのさ
     やらなきゃならないことをやるんだよ だからうまくできるのさ
     君のためなら特にね  〜♪♪


101024_1200~02.jpg
| その他 | comments(4) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
お引っ越しおめでとうございます!!
一人暮らしを始める時って生まれ変わるような気がしますよね。
しかも高円寺…羨ましいです。
公開ラジオで『観覧車』発言をした子は生まれも育ちも高円寺です。
近くにいてやっぱり『都会の子』は違うなぁと思う事が多々あります。
以前は私も1人暮らしをしていたのですが、今は短大の寮で一緒だった子と7畳位の部屋に無理やりルームシェアして楽しい毎日を送っています。
1人が寂しくなったら友達とルームシェアもオススメですよ。
| なお | 2010/10/26 12:17 PM |
お久しぶりです。
お引っ越しされるんですね。しかも高円寺!羨ましい…
私は数回かしか行った事ないのですが、通行人が皆劇団のエキストラみたいに見えるくらい味があって感激してしまいました(田舎者だからか?)
特に(シャレではないですが)公園で見掛けた人達がそんな感じでした。
新生活どっぷり楽しんでくださいねー。

あと前の記事ですが、山ちゃんみたいな生活をしてたらメタボになれるかも…危険か。寒くなってきたのでお体にも気をつけてください。
| おる | 2010/10/27 12:30 AM |
なおさん。
ありがとうございます♪。
そう、僕も生まれ変わりたいんですよ。
へえ、高円寺育ちのお知り合いは都会っ子っぽいんですか〜。
僕にはそういう知り合いもいないから実はよく分かってないです。

ルームシェア!。それは楽しそうですね!!。さすが留学経験者。
小っちゃめの部屋で無理やり共同暮らしなんて、なんか青春っぽくていいなぁ〜。
なおさんの話を聞いてると僕の知らないいろんな経験をしてらして、いつも凄いな〜って感心しちゃいます。
| テラ | 2010/10/27 9:19 PM |
おるさん。
お久しぶりです!。
エキストラみたいな人たち…w。個性的な感じでしたか?。
あの界隈はだいぶ独特らしいですもんね〜、人間も文化も。
公園を覗くのが楽しみです(笑)。

いやあの、メタボには全然なりたかないんですけど…w。
山ちゃんはピザを食い過ぎて太ったとか言ってたかな。
若手芸人さんって、売れて太る人がほんとに多いですよね。

おるさんも風邪っぴきにならないように気を付けて下さいね。
| テラ | 2010/10/27 9:26 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://osizusan.jugem.jp/trackback/773
トラックバック