<< クズがクズを | main | 『やらなきゃならないことをやるだけさ… >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
歳ごろの男子は悩む
山ちゃん、人間ドッグに行って 「太りすぎ」 と診断されたらしいですね。
身体中をくまなく検査されて、その結果が 「あなたは太ってます」 ってw。
そんなの鏡見りゃ分かるわっ。

でもやっぱり肥満っていうのは基本的に病気につながりやすい体型ではあるんでしょうね?。
だからお医者さんがやたら 「痩せなさい」 って言うのも分かるけど。
でも世の中には逆に 「太りなさい」 と医者に言われ続けてる人間も存在するんですよ。
それが僕なんだけど。

僕は肺に穴が開くっていうレアな病気で、過去4度も入院してきたんですよ。
その珍しい病気の原因は現代の医学でもまだ判明してないんだけど、はっきりしてるのは次のカテゴリーに当てはまる人間ばかりが患っているってこと。

それは 『若くて、背が高くて、やせ型の、男性』 なんだって。
分かりやすく言うとアンガールズみたいなタイプね。
で、何の因果か自分はこれにバッチリ当てはまっちゃってて。
(以前、嵐の相葉くんも同じ病気にかかってたっけ。)

それで病気を再発させないためには上のカテゴリーから外れなきゃならないんだけど、
年齢と身長と性別は変えられないから、もう太るしかないわけ。
これをお医者さんにも口酸っぱく言われてて、再発させて入院するたびに、
「だから君はいい加減もっと太りなさいって言ったのに!。まだこんなガリガリでいたの!?。」 とか怒られちゃってさ(笑)。

いや先生のおっしゃることはごもっともだけど、僕にもいろいろあるんですよ。
まず第一に太りにくいっていう生まれつきの体質の問題。
これは父ちゃん譲りの遺伝子的な問題かもしれないし。
そしてもう一つの問題が大きな壁になってんだけど…、

正直、気が進まないんだわ。
先生。
僕も一応まだお年頃なわけじゃないですか?。
そんな頭ごなしに 「太れ!太れ!」 って言われても自分ツライっす、先生。
病気も確かにめっちゃ苦しいけど、シュッとした洋服とかも着たいもんよ。

っていうのが本音ね。そんで葛藤。
だから理想としてはポッチャリ太るんじゃなくて、筋肉を付けてマッチョマン的に体重を増やせればいいかなと考えてんだけど。
でも筋トレもめんどいしな…w。
また再発しちゃったときに先生に怒られるかと思うと憂鬱だよ。

てなこって。
あちらを立てればこちらが立たず。
世の中見てると女性なんか特に、痩せたい痩せたいって言ってる人も多いけど、
痩せてるせいで複雑な悩みを抱えてしまった人もいるっていうお話でした。
山ちゃんは痩せなさい。


♪今日のBGM : 燃えよドラゴンのテーマ
| その他 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://osizusan.jugem.jp/trackback/772
トラックバック