CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< Go!赤坂 Go! | main | 鬼を見た >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
赤坂うらめしや
赤坂サカスでは夏休み限定でいろんな催し物をやってたんだけど、その中に1つ、「東京一怖い!」 という売り文句のドデカイお化け屋敷があったんだ。
覚えてるかな?、山ちゃんも不毛な議論の中でスタッフに無理やり連れていかれたアレ。
あんときはとにかく山ちゃんのつんざくような、
「ウギャァーーーっ!!、ごめんなさいごめんなさいっ、動かないで!ごめんなさいごめんなさい!すみませんっ!!!」
っていう絶叫だけが響き渡って、聴いてるリスナーからしたら何のこっちゃ分かんない放送だったけど。(なぜオバケに謝りまくる?w)
で、体験後に山ちゃんが 「これめちゃくちゃ怖いから、そういうのが好きな人はぜひ行ってみてよ」 とか言ってたから、僕も友達誘って入ったんです。

100728_1629~01001.jpg

設定としては、“ゾンビだらけの廃病院” って感じかな。
その昔、入院患者に対して人体実験を繰り返す 闇の診療所があったんだけど、
そこで犠牲になって死んでいった患者たちが、ある日ゾンビとなって蘇り、
逆に悪い医者たちを皆殺しにしちゃったんだって。
それで晴れて患者もゾンビ、医者もゾンビ、ゾンビだらけのゾンビ病院が誕生したっていうお話。

そういう惨劇のヒストリーVTRをさんざん見させられてから、いざお化け屋敷スタートなんだよ(笑)。凝ってるでしょ?。
しかも診療所内にいるゾンビたちは人形とかカラクリではなくて、ちゃんと人間のアクターさんが演じてるから、リアリティーが違うんだ。

…にも関わらず、僕も一応大人だからさ、入る前は超ナメてたわけ。
お化け屋敷ごときでビビるわけないじゃん!って。
山ちゃんはいつも大げさ過ぎるよ!って。
スキあらばゾンビにカンチョーしてやるわ!って。
そんぐらいの気持ちで入ったんだけど…。

…ありゃダメだ。 本当にヤバイやつでしたw。
山ちゃんのリアクションは正しかったみたい。

しかし僕の場合は、一緒に入った友達が僕よりもいくつも歳下の子だったから、絶対に悲鳴を上げたくなくて。
カッコ悪いところ見られたくないから。
だから必死に手で口を押さえながら、気を張って。むっちゃ疲れたよ(笑)。

で、あまりにおっかないから、なんとか気を散らすために2人で、
【有名人の名前しりとり(&補足情報付き)ゲーム】 をしながら進んでったんだ。

テラ 「(怖がりながら)じゃ、じゃあ…、【山崎静代】。 身長182cm。」
友達 「(同じくビビりながら)よっ、よっ、【吉田豪】。 インタビュアー。 きゃっ!。」
テラ 「おわっ!。 う、うでしょ…、【上田晋也】。 くりぃむしちゅー。」
友達 「ギャーーっ!!。  …や?、【薬師丸ひろ子】。 セーラー服と機関銃。」
テラ 「え〜と…、うおっ! こ、こ、【小泉今日子】。 キョンキョン。」
友達 「きょうこ…、キャッ!。 こ…、こ…、こ…、こォ?!、また!?。
ちょっとなんでまた “こ” ォ!!?(怒)。ウギャーっ!!。

みたいな。
まさかのお化け屋敷の真っ只中で、歳下に半ギレされるっていう事件まで起きてw。 みんなパニック状態だったから。
僕も 「ご、ごめん…」 としか言えなかったけどさ。
どっちかっつうと、オバケよりもそっちにビックリしたわ。


とまあ、そんなこんなで出口にたどり着くまで20〜30分かかったけど。
お化け屋敷以外にもサカス内を見物したり、ダベったりしてたら、あっという間に山ちゃんのイベントの時間になったんだ。
ほんで登場した山ちゃんが挨拶がてら、 「今日そこのお化け屋敷に入った人いますか?」 なんてお客さんに話しかけてきてさ。
ところが誰も 「入ったよ」 と手を挙げる客がいなかったと見るや、いきなり、

「まーあんなところに行く奴は、頭がどうかしてるけどね。」

とか、毒づき始めたんですよ!(笑)。
TBSが結構な力を注いで作った巨大お化け屋敷なのに。
いやいや、怖がりの山ちゃんがスタッフに無理やり連れてかれて 怖い思いをしたことを、ずっと根に持ってんだか何だか知らないけどw。
こっちは少なくともあんたが 「ぜひ行ってみて」 とかオススメするから行ったっつーの!(笑)。
何回山ちゃんに振り回されてんだまったく。


ちなみに僕もお化け屋敷に入るときは、「余裕があればオバケに膝カックンでもくらわしてやろう」 ぐらいの意気込みでしたが、
よくよく屋敷の外に張ってある注意事項を読むと、

「決してオバケに危害を加えないで下さい。
もしオバケが怪我などを負った場合、その治療費はお客様に全額負担していただくことになります。」

とか書いてあって。
オバケも怪我すんのかい!、っていう(笑)。
病院に巣くうゾンビたちに、治療費請求されてちゃ世話ないよ。



←そのお化け屋敷がテレビ番組で紹介されたときの映像。

“白衣の天使” ならぬ、
“白衣のゾンビ”。



♪今日のBGM : 夏の地図 / ザ・ハイロウズ
♪♪〜 オバケが出そうな夜の教室で
    雨がやむのを待ちながら 僕らは作戦会議
    行きたいところがたくさんあって困るよ
    どんなに遠くてもかまわないよ
   
    すべての季節が過ぎ去っても 僕は夏のまま
    宝物の地図 胸のポケットに入ったまま
   
    6月と9月にはさまれたのが夏じゃない
    宝物の地図 胸のポケットに入ったなら 〜♪♪
| その他 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
私はお化け屋敷にちょっとしたトラウマが…。
中学生の頃、好きな男の子とお祭りに行きました。
手を繋ぐ事の出来ない私達は、何かきっかけが欲しく、どちらからともなく、お化け屋敷に入ることになりました。
可愛い子ぶってキャーキャー言っていたら、勢い余ってその男の子の袖を破り、半泣きさせてしまったダメダメな思い出があります。
それ以来抵抗が。。。
でもテラさんのブログを読んでいたら、せっかく赤坂行ったのだから私もお化け屋敷入れば良かったと思いました。
| なお | 2010/09/29 11:34 AM |
なおさん。
ちょ、なおさん、そのトラウマめちゃくちゃ面白過ぎるじゃないですか!(笑)。
なかなか袖なんて破けるもんじゃないのに。何がどうなってそうなるんだろうw。
こないだの先生に殴られた話にしてもそうだけど、スパイシーな失敗談をたくさんお持ちで羨ましいです。

でも男女でお祭り行くってのも凄いな〜、中学生で。
僕その頃のお祭りと言ったら、他校の不良にカツアゲされそうになった思い出ぐらいしかないです。
| テラ | 2010/10/03 8:44 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://osizusan.jugem.jp/trackback/756
トラックバック