<< イタズラな神様 | main | 天然と書いてガチ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
先生たちは僕を…
前回ちょろっと、僕が高校んときに宿題をちゃんとやってなかった話を書いたけど、
書いてたらいろいろ思い出してきたよ。
あれって僕ら生徒もいい加減なら、先生側もだいぶいい加減じゃないですか?。
だってこっちは毎回同じ子に宿題を写させてもらってるから、当然2人の解答も点数も全部一緒なわけ。
そんなのどう考えても不自然なのに、先生は何も言ってこないからね。
めんどいから知らん顔なのか、人数多すぎて本気で気付かないのか。

例えば夏休みの宿題として大定番の “読書感想文”
僕、あれのためにちゃんと小説を読んだことってないんだ。
大抵は本のあらすじだけ見て、想像を膨らまして書くか、
または小説ではなく、適当に好きなマンガの感想文を書くか。
ズバリ一行目から、『るろうに剣心を読んで…』 とか、『ハンター×ハンターについて…』 みたいな感じで。

こっちだってもし怒られたらそのときは真面目に書き直そう、ぐらいの気持ちはあるんですよ?。
なのにやっぱり一切おとがめ無しだったから。
「あれ?、本当に生徒一人一人の感想文に目を通してんのかな?」、って疑いたくなるぐらい。
またはオッサン教師だったから、るろ剣がマンガ作品だってことをを知らなかった可能性もあるけど。


んで、「先生っていい加減だな〜」 と思った出来事の極めつけは、
やっぱりこの時期、プールの授業!。
2学期に入ったある日、体育の時間に水泳の進級テストがあったんですよ。

10級の 【自由形・25m】 から始まり、僕もいい調子でぽんぽんクリアしていったんだけど、
5級の 【潜水・25m】 でつまずいちゃったわけ。
だってしんどいもん、あんな長い距離を息継ぎなしで泳ぐなんて。
気絶でもしたら先生責任取ってくれんのかい!?と。

…なんてブーたれている僕を尻目に、友達の斉藤くんがあっさりと泳ぎ切ったんだ。
「うわーっ、すっごいな斉藤くーん!」、みたいな。
そしたらね、こっからが問題。
先生は明らかに水面から上がってきた斉藤くんの頭(水泳帽)を見て、
「はい斉藤、合格」 と、名簿にある斉藤くんの欄にマルを付けたんですよ!。
水泳帽には “斉藤” と名前が書いてあるから。

その光景を目撃してしまった僕は、ピーンと閃いちゃって。
斉藤くんを呼んでさ、「斉藤くん、もう一本潜水いけるかい?」 と。
斉藤くんも 「おう、いけるよ」 と。
だから彼の頭に、僕の帽子をかぶせてもう一回泳いでもらったんだ。
僕の名前が書いてある水泳帽を…。

そしたら案の定、泳ぎきって水面から上がってくる斉藤くんの頭を見て、「はい合格」 と、僕のところにマルを付けたんだから!!(笑)。

やっぱじゃん!っていう。
このテスト、一人合格者が出れば、残り全員もクリアできんじゃん!っていう。
僕も僕だけど、教師も教師なんだよ実際。
なんだか 「してやったり!」 っていう喜び半分と、「あの体育の先生は僕や斉藤くんのことを知らないのかな…、影薄いのかな…」 っていう寂しさ半分で複雑な気分。

ま、とにかく高校ぐらいになると、先生もそんなに生徒一人一人のことをちゃんと見ちゃいないから。
ここ読んでくれてる現役高校生の人たちにも、いろいろと実験してみて欲しいよ。
どこまでやっても怒られない(気づかれない)のか、
そのラインを知りたいわ。


♪今日のBGM : 少年の詩 / ブルーハーツ
♪♪〜   どうにもならないことなんて  どうにでもなっていいこと
     先生たちは僕を  不安にするけど
     それほど大切な  言葉じゃなかった

     誰のことも恨んじゃいないよ
     ただ 大人たちに誉められるような  バカにはなりたくない  〜♪♪
| ダメダメの青春 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
誰かが言っていましたが「先生」と呼ばれる職業の人(医者、弁護士、教師など)は、大半が「変態」「いい加減」「思い込みが激しい」と三拍子揃うそうです。

ちなみに私の高校時代の担任教師(髪が薄め)について一番に思い出すのは、西日の強い季節に、茶道室から出てきた私が、目を細めながらポソッと『眩しい…』と言ったら、結構遠くの方から走って来て『今、眩しいって言ったのはキサマかー!!』とそいつにビンタされた事です。最悪。

| なお | 2010/09/04 6:17 PM |
なおさん。
大半がその三拍子揃っちゃってんですか!?。
じゃあ僕らは変態の人たちに勉強習ったり、体の具合を診てもらったりしてるんだ(笑)。まいった。

うわ、すごいエピソードですね!。
じゃあなおさんの先生は三拍子の中でも特に思い込み激しい系だ。
きっと普段から生徒たちに頭のことをからかわれてたんじゃないですか?。
で、何でもかんでも自分への悪口に聞こえるようになっちゃった、みたいな。
でも今の時代、いわれの無いビンタなんて、出るとこ出れば大問題になりそうですけどね。
| テラ | 2010/09/05 9:18 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://osizusan.jugem.jp/trackback/734
トラックバック