CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< 捨てられないテープ | main | 先生たちは僕を… >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
イタズラな神様
“世界一キレイなおじさん” こと、はるな愛さん!。
頑張ってましたね〜、24時間マラソン。
終盤、メイクが落ちてるのも構わずに、賢示ヅラさらけ出してがむしゃらに走ってる姿にはグッとくるものがありました。
ただ、悔しいかな素顔の賢示くんは意外とイケメンだったけどね。

ほいで最後はお母さんに向かって 「ニューハーフに生んでくれてありがとう!」 でしょ?。 言うよねぇ〜。
はるなさんのように生まれてさ、なかなかそのセリフは言えるもんじゃないよ。
きっとそのことで僕らには想像できないほどに悩んだり苦しんできたと思うもん。
どんな人間が “まとも” だとか、あの人は “普通じゃない” とか、
本当はそんなあやふやな物差しなんて、ないはずなんだけどね。


振り返れば僕の前にも、はるなさん的な人がときどき現れるんだ。
そしてそのために今や僕の人生が崖っぷちまで追い詰められていることを、彼らは知るよしもないでしょう…。

順を追って話そう。
日頃、モテないモテないと嘆いてる僕だけど、中学生のときにおもいっきり告白を受けたことはあるんですよ。
男子の先輩に。
で、なんだかんだあって最後はその先輩が卒業する日に、「テラの第2ボタンが欲しい」 と言われ、
当時中2だった僕は、「いや、あの、自分はあと1年間この制服を着るんすけど…」 みたいな。 困り果てたっていう事件があったけど(笑)。
まあ、その辺のお話は前にも書きました。
でも実はこれにはまだエピソード2があるんです。


―エピソード2―

そんな中学時代を終えて高校に進学した僕でしたが、
高校に上がったら上がったらで、クラスメートの中にさらに本格的なカマ子ちゃんがいたんですよ!。
見た目こそ短髪でそこらの男子と変わらないけど、キャラクター的にはもうKABAちゃんに近い感じの。
んでその子が、本気なのか からかってるだけなのか分からないけど、僕にグイッグイくるわけ。グイッグイ。

でもこれすごい確率でしょ!?。
まず、なかなか同じクラスにカマ子ちゃんっていませんよね?、共学の学校で。
いても学年に1人、いるかいないかぐらいでしょ。
そんな人にまたもやバッチリ好かれるっていうこの打率の高さ(笑)。

ただ僕のスゴいところは、それをめちゃくちゃ受け入れるんですよ。
なぜなら、
その子は成績優秀で勉強のできる子だったんで、頼めばいつでも宿題を写させてくれたから。
これは大きいですよ〜。 嫌な顔ひとつしないんだもん。
だから僕、その子と一緒のクラスだった1年間は、ほとんど自力で宿題をやった覚えがない。 超ラクチン。

だからもうこうなってくるとギブアンドテイクの関係だよね。
もちろん向こうさんもたまに条件を出してくるんだよ。
例えば、「宿題を見せる代わりに、今度の文化祭は他の友達を入れずに、私たち2人っきりで学校を回ること」 とかw。


…回ったよ!、ちくしょう(笑)。



1日かけてぐるっぐると校内中の催し物を見て回ったんだから。
もしその光景を、隣のクラスにいる好きな女の子に見られたらどうしようかと思って、僕は気が気じゃなかったっつーの。
あ〜あ、彼は今どんな大人になってんのかな…?。
クラス替えでバラバラになってからは、めっきり僕んとこ来なくなったんだよ。


さて、ここまでの話を読んで、すでに僕の身にふりかかっている悲劇に気づいた方はいらっしゃいますか?。
そうなんです、昔からよく 「誰にだって、人生にモテ期は3回来る!」 とかいう言い伝えがあるけど、
僕はその中学時代と高校時代で、すでに3回のうち2回を使ってしまったんですよ!!。

ちょっと待てと!神様。
誰がこんなにときめかないモテ期を希望したよ!?w。
もし本当に運命の神様とやらがいるのなら、「需要と供給」 って言葉について切々と教えてやりたいです。

とにもかくにも勝手にリーチがかかってしまったので、
僕のモテ人生への夢が早くも土俵際ギリギリですわ。
頼むよ、3度目の正直!!。


♪今日のBGM : ストップ!ひばりくん / 雪野ゆき
♪♪〜  カラーテレビにしたって 色はいろいろあるでしょ
        男と女にしたって 色はいろいろあるのよ

        神様のイタズラと 思えばすむこと
        成り行きに 身を任せてみてもいいでしょ?
       
    この胸の思うまま 愛してみたいの
    この胸の思うままに 生きてみたいの
    STOP!  STOP!  ひばりくん  〜♪♪
| ダメダメの青春 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://osizusan.jugem.jp/trackback/732
トラックバック