CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< ロックにくびったけ | main | Radio Artisan >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
しずちゃんの 『再出発』
先週、『芸能人特技王決定戦』 という番組の絵画部門にしずちゃんが出場しました。
絵の得意な芸人さんたちが各々の作品を持ち寄って、No.1を決めようという企画。
もっとも、芸術っていうのはお笑いと一緒で、単純に点数付けたり勝ち負けを争えるようなものじゃないと思うので、誰が優勝したとかはどうでもいいんだけど。
とにかく僕はしずちゃんがこの日のために描いてきた絵を見て、震えましたよ。




『再出発』
と題されたこの作品。

辺り一面、樹木や根っこのようなもので塞がれた薄暗い空間に座り込んだ女性が、遠くにある光を見つめています。
これを見てハッとした僕は、かつてしずちゃんが描いた “扉を見つめる少女(仮)” の絵を思い浮かべずにはいられませんでした。↓



こちらはしずちゃんがまだ芸人を始めたばかりの頃に描いた作品で。
ここでも薄暗い廊下に座り込んだ少女は、遠くにある扉を見つめています。

確かこれは当時まだ無名で何者でもなかったしずちゃんが、扉の向こうにあるかもしれない素晴らしい世界(芸能界?)に憧れる気持ちを表現したものらしいのですが。
歩いてるわけでも立ってるわけでもなく、座り込んでるとこがミソで、
「向こうの世界に行きたいけど怖い、怖いけど行きたい…」 みたいな。

そしてこの絵を完成させてから10年近く経った今、
再びしずちゃんが似たような内容と構図の作品を描いたことに驚きませんか?。

ハタから見ればおしずは十分憧れの世界で成功したし、輝いてるように見えるのに、
あの頃の少女は 大人の女性になった今でもまだ、薄暗い場所から遠くにある光を見つめていたんです。
2枚の絵が連作だと捉えるならば、扉の向こう側が、この樹木のトンネルだった?。
夢にまで見たその世界は、結局憧れていたほどの満たされる場所ではなかったのでしょうか…。

でも、だからこその 『再出発』
しかも今回はそれまで身に付けてきたものを全て脱ぎ捨てての、文字通り、裸一貫での再出発ですから。
以前よりもその想いは強く、まるで 「もう一度や!」 というしずちゃんの心の声が聞こえてくるようです。

…って、べつに本人が絵の解説をしたわけでもないので、ここまでは全部僕の憶測の話なんですけど。
でも僕も再出発願望というか、変わりたい願望がかなり強いタイプだし、
それでいて行動に移せない情けない性格なので、
この絵を見たときに、「あのしずちゃんでもそうなんだ」、
「ひょっとしたら、どこの誰だって大して変わらないのかも…?」 と思えてきて、なんだか分かんないけど泣きそうになりましたね。
自分も頑張らなきゃダメだなって。

そんな感じでしずちゃんは絵の解説もそうだし、基本的に口数少ないから自分のこともあまりしゃべりませんよね?。
でもその分、「あの人は今何を感じて、どう思ってるんだろう?」 と、こっちの想像力を掻き立てられる存在なんです。 いつだって目が離せないのがおしずさん(笑)。

例えば今回の 『芸能人特技王決定戦』 にだって、
なんと驚くことに1人で南海キャンディーズの漫才衣装を着て出演したんですよ!。
こんなこと何年ぶりでしょうか?。
人気者になって顔が売れてからは、ピンで出る仕事に南海の衣装を着ていくことはなくなっていたというのに。
いつもスタイリストさんが用意したオシャレな洋服を着ていたのに。
それが突然昔のしずちゃんに戻ったかのようなこの行為を、作品タイトルの 『再出発』 と繋げて考えずにはいられないじゃないですか!?。

また他にも、「もう古くなったから新しいのに変えれば?」 と周りに言われても、「いや、この写真おもろいやん」 って理由でずっと更新せずにいたタレント宣材写真。
なぜ今年になってついに撮り直す気になったのか?。
それもなぜコンビではなく1人で撮影したのかw(ジョジョのTシャツを着たあれ)。
本人に聞いたら案外 「たまたまや」 とか言われるのかもしれないけど、
おしずの一挙手一投足を深読みせずにはいられません。

こうやってずーーーっと僕の興味と好奇心を惹き付けて止まないしずちゃん。
あの子の再出発がどこへ向かおうとも、ずっーーーと応援し続けていきたいですね。


♪今日のBGM : オールドルーキー / 竹原ピストル
♪♪〜 積み上げてきたもので  勝負しても勝てねぇよ
    積み上げてきたものと  勝負しなきゃ勝てねぇよ

    何度でも立ち止まって  また何度でも走り始めればいい
       必要なのは走り続けることじゃない 走り始め続けることだ 〜♪♪
| しずちゃん | comments(6) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
あの絵を見た瞬間に、私も昔のその絵を連想しました。
今回の絵は服を着てませんよね。だから昔よりももっと根源的に
「あちら」を渇望しているのかな、と思いました。

しずちゃんは寡黙だし、山ちゃんは言葉数は多いけど肝心の事は
言わないタイプだし、ファンからしてみればこちらが色々と
深読みせざるを得ないコンビですよね(笑)

この日記から、テラさんのしずちゃんへの愛を感じますよ。
| なつき | 2010/08/12 8:08 AM |
こんにちは!毎度毎度コメント失礼します。

私もこの番組見ていました。
昔のしずちゃんの作品を知らなかったので、テラさんの解釈になるほど〜〜と思ってしまいました!
それに、しずちゃんの衣装!私も気になってました。言葉は無くてもこういう一つ一つがなんかメッセージなような気がするのが、南海キャンディーズ一言では語りつくせないところのような気がします^-^。

明日はコンビでいいとものテレフォンに出るみたいなので楽しみです。

| よしみ | 2010/08/12 4:50 PM |
お久しぶりです。2回目のコメントさせて頂きます。花です。さすが、テラさんの分析はホントすごいですね!その番組見逃してしまったんですが…私、しずちゃんの絵好きです♪いつだったかしずちゃんが山ちゃんの似顔絵を描いた事があってそれがすごく似てたんですよ。私も絵を描くんですが、絶対その描く物や人を好きでないと上手く描けないので、しずちゃんの描いた山ちゃんソックリな似顔絵を見て思わずニンマリした記憶があります(笑)それから今日「いいとも」出ていましたね♪コンビとしては初登場だったんですね。山ちゃんのボキャブラリー満載の返しが堪能出来ましたよ^^相変わらずイイ具合に会場にひかれてて(笑)でもなぜだかお客さんも山ちゃんのいじり方を知っていますね(笑)。。。あとお昼なのに(?)2人共、顔ツヤが良くて山ちゃんがもの凄くカッコ良く、しずちゃんがもの凄くカワイくみえました…(笑)リアルタイムで観たんですか録画しとくんだった!って思うほど面白かったですね♪テラさん、観ましたか?長くなってすみません☆
| 花 | 2010/08/13 11:34 PM |
なつきさん。
ああ、じゃあ結構あの絵を思い浮かべた人も人多かったのかな。
もう全てをさらけ出して、なりふり構わない覚悟の強さを感じますよね。
しずちゃん、どこに行くんだろう…(笑)。
最近「真っ白な灰になるまで燃え尽きてみたい」とか、矢吹丈みたいなこと言ってるし。

山ちゃんはどこに本音があるか分かんないw。
外面的な表情と、目の奥の色が一致していませんね。
でも深読みとか詮索って、もし自分がされる方の立場だと想像すると…、ちょっとやめて欲しい行為ですよね(笑)。
| テラ | 2010/08/15 1:15 AM |
よしみさん。
かなり勝手な解釈ですよ?(笑)。
あんまり鵜呑みにしない方がいいかもです。
でもたまたまあの番組に居合わせただけの山田五郎氏の分析&解説には絶対負けたくないと思って書いてみました。

一つ一つにメッセージがあるのか、またはただの僕らの思い過ごしか…(笑)。
あれこれ勘ぐるのは楽しいけど、その一方では「いやたまたまだろ!」と、頭の中でもう一人の自分がツッコんでいます。

いいとも教えて下さってありがとうございました!。
知らずに見逃すところでした。
| テラ | 2010/08/15 1:20 AM |
花さん。
いや〜、おしずの観察が僕の趣味みたいなもんですから。

あ、花さんも絵を描かれるんですか!。
すごい、南海のファンってなぜか絵を描くのが好きな人が多いんですよ。
花さんは南キャンのお2人のイラストを描いたりはします?。

いいとも、山ちゃんがいつになく絶好調でしたね。
レギュラー時代もあれぐらいしゃべれてたら、卒業させられることなかったのに(笑)。
卒業後は「もう二度とあのアルタの空気の中に立つ勇気はない」とか「怖い」とか言ってたけど、久しぶりに出たら意外とお客さんもウェルカムだったし、
山ちゃんの苦手意識は今回の出演で払拭できましたかね?。

えっ、あの日の山ちゃんが凄くカッコよかったんですか!?。
べつに深い意味はないですけど、花さんって視力の方に問題あったりします…?(笑)。
| テラ | 2010/08/15 1:30 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://osizusan.jugem.jp/trackback/718
トラックバック