<< 神様なんていない | main | ハイタッチ大作戦 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
気にする人々
こないだアメトークで 『気にしすぎ芸人』 って企画をやったじゃないですか?。
山ちゃんや又吉さんや黒沢さんらが出てた回。
あの後友達と話したんですよ、「でも日本人なんて気にしすぎ人間だらけじゃんね〜」 なんつって。
そしたら友達が 「面白い気にしすぎ人間を知ってますよ」 と教えてくれてたんだ。
それが “穂村弘” っていう歌人さんなんだけど。
試しにその人のエッセイを読んでみたら、まあ〜出てくる出てくる、気にしすぎエピソードの数々。
愛すべきダメ人間というか、こんな人間ばかりなら世界は平和になるのにな〜的な。
ちょっとそれらのエピソードを羅列してみますと、

ボーリングをすると、ストライクが出たときの喜び方が分からないから ストライクを出したくない。 ガッツポーズや他の参加者達とのハイタッチが自然にできない。
ティッシュ配りの人にティッシュをもらうとき、どんな顔をしていいのか分からないからティッシュをもらいたくない。 ティッシュ配り怖い。
女性に自分の目を見られると、好きになっちゃうから見ないで欲しい。
回転寿司屋で店員に声をかけて注文する行為は、周りのお客さんにも自分の食べたいネタが知られてしまうので恥ずかしい。
飲み会の “自由な雰囲気” の中で、どう自然体で楽しめばいいのか分からず 緊張してしまう。 飲み会苦手。
洋服屋で買い物するとき、「何をお探しですか?」 という店員の質問に対する答え方が分からないので、声をかけられる前にすぐ店を出てしまう。 店員怖い。
お店でお会計をするとき、釣りが出ないように細かいお金で払おうとすると、レジの人を待たせてしまう気がして耐えられない。だから大雑把にお札で払う。

などなどなど。
そこまで気にしちゃうのか!っていう話のオンパレード。
気にしすぎというか、度を越えたシャイボーイ?。
もちろん共感できる部分もありました。3番目の話なんてテッパンだしね。
にしても穂村さんのエッセイを読んでたら、僕なんてまだまだのほほんと何も考えずに生きてるもんだな〜と思ったわ。

だって 「ストライクを出したときの喜び方が分からない」、とかどうです?。
僕はそんなの考えたことなく普通にガッツポーズとかハイタッチとかやってるな〜と、初めて我に返ったぐらい。
むしろハイタッチをしたくてしょうがないときもあるんだから。

皆さんはご存知でしょうか?、
ボーリングをやるにおいて、そのスコアや勝ち負けなんかよりも、ストライクを決めたときのハイタッチ1発に全てをかけている人間が存在することを。
実は今回はその話をしようと思って日記を書き出したのですが、前置きで長くなってしまったので また次回以降に回すことにします。

ちなみにアメトークで山ちゃんが話した究極の気にしすぎエピソードはこれ。
「電車に乗ったとき、カシャン!カシャン!と車両の連結部分のきしむ音が、『キショイ!キショイ!』 という自分(山ちゃん)への悪口に聞こえる。
近くに女子高生などがいようものなら、彼女たちが俺に対して 『キショい!キショい!』 と言ってるような気がして、怖くて次の駅で降りてしまう…。」

…もうそれ気にしすぎというレベルじゃなくて、かの有名な被害妄想ってやつじゃん。
なにをテレビで堂々と、私病んでるんです宣言2010!をかましてくれてんのさw。
どう考えてもあなたがその悩みを打ち明けるべき場は、テレビカメラの前ではなくカウンセラーの前でしょうが。

でもきっとそこまで精神的にやられるほど、幻聴が聞こえちゃうほど、今まで数えきれないぐらいに 「キショい!」 とか 「キモ〜い」 とかいう言葉を浴びまくってきたわけじゃないですか?。 あの人の芸人人生。
そう考えると有名人相手だろうがなんだろうが、気軽にキショいだのキモいだの言っちゃう人たちの罪って、そうは軽くないね。


♪今日のBGM : ローアンドロー〜土着的な愛の歌〜 / ガガガSP
♪♪〜 「どうせ俺なんて」 などと口癖に 家に閉じこもってる連中よ
そろそろ外に出て 行動を起こさそうじゃないか

アップライトに生きてきた奴らの 明るいポジティブな仲間意識なんかより
“考えすぎの美学” を持ってる奴の方がいいのさーっ!
オーイエー オーイエー オーイエー!!! 〜♪♪
| その他 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
“穂村弘”さん、初めて知りました。
これ、私のことですか?というエピソードの数々。
私ってやっぱ気にしすぎなんだ〜。。。
そんな私は、高校時代もやっぱりそんな感じで、
生活にも不便が出てきたのでカウンセリングをうけることに
なったわけです。でそこのドクターから言われた言葉。
「世界中の人があなたのような性格になればこの世から戦争はなくなるんですけどね。」
その時救われた感じがしたんですよね。
あ〜私でも生きてていいんだ。みたいな。(笑)
アメトークの「気にしすぎ芸人」に出てきた芸人さんみてると確かに争いはおこらない感じしますね。
又吉さんも、はるかちゃんも、黒沢さんも口に出して「きもい」「きしょい」なんて絶対言わないですもんね。(3人とも大好きだわ〜)

こんな私ですが、最近「世の中の人はそんなに私のことを気にしていない(見ていない)」ということに気がつきまして
かなり図々しくおばちゃん化してきているかもしれません。
(笑)
| ちか | 2010/07/08 5:47 AM |
ちかさん。
ちかさんも大変だったんですか〜。
10代の頃の自意識って特に強烈ですもんね。
そこにドクターの必殺フレーズが突き刺さったと。なるほど。
結構その言葉、カウンセリングの世界じゃ定番文句だったりして。
でも図々しさを手に入れちゃえばもうこっちのもんですねw。
穂村さんなんて40越えてもまだこんな気にしぃなこと言ってるんですから。

実際又吉さんやはるかちゃんだらけの静かな世界を想像すると…、
それはそれで何か物足りないような(笑)。
逆にラテン系のブラジルとかスペインみたいな、国民全員が底抜けに明るい国って驚異的ですね。
なんだあのノリ。
| テラ | 2010/07/09 12:11 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://osizusan.jugem.jp/trackback/694
トラックバック