<< 手紙を書こう | main | ラストバーボンをホトちゃんに >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
シドと林檎と白昼夢


今週の日曜日はチリ地震の影響で、テレビはどこのチャンネルを回しても津波警報が流れっぱなしでしたね。
天災の問題だから文句は言えないけど、僕はあれのおかげで楽しみにしていた東京事変の特番が台無しになったんだからw。
でもまあ、そんな視聴者の声が届いたのか、一週間も待たずに再放送が決定してひと安心しましたが。

女性歌手の音楽をほとんど聴かない僕が、珍しく好きなのが椎名林檎さん。
現在のアダルトな林檎さんもカッコいいですが、
やっぱり初期のトゲトゲしかった時代が強烈に好きで。
なんだろうね、あの 「私べつに売れようと思って歌ってるわけじゃないけど?」 みたいな佇まい(笑)。

それで彼女を初めて見たのはミュージック・ステーションだったんだけど、
あの番組って、エンディングでその日のゲストを順々にアップで映していくじゃないですか?。
アナウンサーが 「SMAPの皆さんありがとうございました。モーニング娘の皆さんありがとうございました。」 …などと、一組ずつ呼んでいくタイミングで。
ああいうとき、ほとんどのミュージシャンはカメラに向かって笑顔で手を振ったり、ペコリとおじぎしたり、とにかく愛想を振りまくわけ。
そんな中、林檎さんの場合 ぐっとカメラが寄ってきた瞬間に…、いきなり白眼を剥いたんですよ!。ギョロっと。
んなことされたら僕なんてイチコロだからさ、ハートのド真ん中に ズギューーン!!! とやられちゃって。
えっ、なんなのこの人!? みたいな。 バリ素敵かも!みたいな。
観覧客も「ヒャーッ」とか悲鳴を上げてるし(笑)。

そっから気になって曲を聴き始めたんだけど、10代の頃に書いたというその曲たちがいちいち怨念めいてるわ、わざわざ巻き舌で歌うわ。
そいでここが大事なんだけど、なんといっても歌詞やタイトルの中にシド・ヴィシャスの名前が出てくる!(笑)。
そう、林檎嬢もシド・ファンでありピストルズ・ファンなんです♪。

それも僕ら男のシド好きだったら、「あんなふうになりたい!」 とか 「かっけーなー」 みたいな “憧れ目線” でシドを想うんだけど、
林檎さんは歌の中で 「あなたには殺されても良いわ」 と言ってて。
まさかの “ナンシー目線” だったんですよ。
それが僕的にはかなりドキっとさせられて。
「ほえ〜、女性ファンはそっち側なんだ」、みたいな新発見。
僕はさすがに殺されてもいいとまでは思ったことがなかったから。

しかしあの当時の椎名林檎には、“二十歳そこそこの女の子がアングラな匂いをプンプン漂わせたままバカ売れしちゃった”、という衝撃がありましたよね。
どう見ても万人に受け入れられるようなキャラクターじゃなかったのに。
そういった意味では職種こそ違えど、ブレイクしたての頃の鳥居みゆきを見て、「まるで椎名林檎だ!」 と感じた人も多いんじゃないでしょうか?。 僕はそう思ったので。


…最後に身の毛のよだつようなエピソードを1ついいですか?。

山ちゃんは 「椎名林檎が歌い出す直前の息づかい」 が大好物だそうで、
その部分だけをMDに集めて聴いてたんだって。
スゥーーッ と息を吸い込む音だけを。
「あの声が日本で一番エロい!」 とか豪語しながら。
もうOh!No!! だよねw。 山ちゃんって ときどきそういう怖いこと言うんだよなぁ。

山里 「その音を何に使ったか?とか、そこは踏み込んでこないでね。」
しず 「まあそこまで言ったらわかるけどね、ある程度。」
山里 「うそ!?。 どうしよう、おれ椎名林檎さんに会ったとき 顔真っ赤になっちゃう。」
しず 「なんか…、家に飛んでくる虫よけとかに使うんやろ?。カセット流して。」
山里 「しずちゃんがバカでよかった♪。」
しず 「ふふふ」

チャンチャン♪







 一番好きだった
  『下克上エクスタシー』 の頃

 雰囲気ほとんど鳥居みゆきw

 
| 音楽 | comments(4) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
椎名林檎と鳥居みゆきについては私も同じような事を思ったことがあります。
ああいう「突き抜けた」人は大好き。自分はそういうのが出来ないから、
憧れ的なものもあるのかもしれません。

しずちゃんが天使に思える。ええ子や(涙)
いや、椎名林檎が出てきた時の、あの息を混ぜまくった発声は私も好きです。
でも、その発想はなかった…(←当たり前)
あと山ちゃんはグロスの唇を開くときのねちゃっとした感じが好きとかね。
グロスをつける時にその話が脳裏をよぎるので、もにょっとした気持ちに…orz
突き抜けた人は好きと上で書きましたが、山ちゃんのは行き過ぎだと思います。
| なつき | 2010/03/05 9:16 PM |
なつきさん。
でまた2人とも黙ってりゃあ実は美人なのに、わざわざあんな奇抜な方向に走ってるのがニクいですよね。
自分プロデュースが上手いんだろうな。

天使のようなしずちゃんがよくあのゲス人間一号とコンビを続けていられますねw。
でもあの大きな天使も意外と心に悪魔を飼ってそうだから、お互い様でしょうか(笑)。
グロスの話とか息づかいの話は、山ちゃんの中では公で言える範囲内のネタだったわけじゃないですか?。
でもきっとあの人のことだから、まだまだ人には言えない趣味趣向がたくさんありそうな気がします(笑)。
| テラ | 2010/03/06 12:23 AM |

彼女の歌の中に「飛交う人の批評に自己実現を図り」
という歌詞があるんですが

世界観を徹底的に作りこんで、演じてる部分が
山ちゃんとかぶります。

足軽エンペラー、南海キャンディーズ
言語遊戯王、不毛な議論、潜在異色・・・etc
薄々感じてはいましたが
山ちゃんのネーミングセンスって絶対椎名林檎に
インスパイアされてますよね。
・・・が!!



>「椎名林檎が歌い出す直前の息づかい」 が大好物

山ちゃん、ドン引きです!(笑)
いくら彼が変態だと分かっていてもそんな事をしてたなんて予測不可能としかw
もうあの人は変態のパンドラの箱ですね
| アキラ | 2010/03/06 12:27 AM |
アキラさん。
同じ夜だ。それも高校時代に作った曲らしいですけど、まともな女子高生が吐く言葉じゃないですよね〜(笑)。何が彼女をああさせたんでしょ?。

あ本当だ!、山ちゃんのネーミングセンスってほぼ椎名林檎なんですね。全然気づかなかったです。
じゃあ息づかいだけじゃなくて、ちゃんと好きなのかな。

山ちゃんに理解ありそうなアキラでも耐えられませんでしたか(笑)。ですよね普通。
そのパンドラの箱だけは絶対にのぞきたくないですね。
無限につまってそうw。
| テラ | 2010/03/06 11:31 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://osizusan.jugem.jp/trackback/630
トラックバック