CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< つよいひと | main | 山ちゃんプチブレイクの影響で >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
ずっとこっち側で
先月起きた 銀杏BOYZマニアの間での重大事件。
なんと今までほとんど地上波のテレビに出たことがなかった(出ることができなかった?)峯田さんが、深夜のバラエティー番組 『キャンパスナイト・フジ』 に生出演したんです!。 “モテない男子たちのカリスマ” 的な扱いで。

スタジオには今をときめく人気若手芸人たちや、イケイケの女子大生ギャルたち。
そんな いかにもテレビ的で賑やかな空間に、伸びっぱしのロン毛とみすぼらしい服装で登場した峯田さん。
なんだろう、華やかな場所に野良犬が一匹迷い込んじゃったようなあの違和感、
馴染めてない感じがたまらん。

そしたら直前のセクシー・コーナーに出ていた水着ギャルたちについて、
「さっき見てたんですけど、“女の子が可愛い” とかを通り越して ムカついちゃって。 ムカつきますよ!、なんか殺意が…。」
と、いきなりの峯田節炸裂。
そして一曲 生で歌う運びになったんだけど、演奏前に峯田さんが視聴者に向けて、

「あのぉ、キャンパスナイトフジをご覧の皆さま…。
どうか童貞を笑ってやって下さい。 
しょっぱい男どもを笑ってやって下さい。
ただ、彼らが本気だってことを、分かってあげて下さい。」


なんて語り始めたんだ。
そしたらさ、若手芸人達が 「フハハハハ!」 って笑ったんだよね。





‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 。





うん、笑われてた。 峯田さん。


いや分かるよ。分かるけど。
彼らには分からなかったんだろうな、ってことは分かるけど。
でもそういうのって忘れらんなくなるよね。
さらには 「この歌を、近ごろ亡くなった僕の数人の友達のために歌います」 と言ったときですら、かすかに笑い声が聞こえたし。
峯田さんの目は本気だったのに。



昔、ブルーハーツが全国ネットのテレビ番組に初登場したときの光景を思い出す。
(もちろん、リアルタイムで見たわけでわないけど。)

そのときもスタジオにはきらびやかなアイドルや人気歌手たちがずらっと揃っていて。 そこにやはり薄汚い格好をしながら 岡山弁丸出しでしゃべるヒロトたちが現れたんだ。
だいぶ場違いなドブネズミが迷い込んできちゃったかのように。
周りもこの田舎くさいグループをなんだか面白がってるし。
そんでさらっと自己紹介を終え、演奏準備に取りかかったブルーハーツをしり目に、司会者がしゃあしゃあと、

女性司会者 「彼ら 歌はちゃんと歌えるんですか?(笑)。」
男性司会者 「いやいや(笑)、これでちゃんと歌えなかったらただのチンピラだよ。」

とか、のたまってるわけ。 完全にナメられてる。
そんなこととは露知らず、
ヒロトの 「一生懸命やります」 という一言から演奏がスタート。

♪〜 “ドブネズミみたいに 美しくなりたい
   写真には、テレビにも、写らない 美しさがあるから” 〜♪


名曲 『リンダリンダ』 を、宣言通り一生懸命に歌うヒロト。
そしてピョンピョン跳びはねたり、全身を震わせながら胸いっぱいにロックンロールしまくるヒロトの姿を見て、いよいよバカウケしてる共演者たち
みんな手を叩いて大笑いしてたね (特に目についたのが、当時人気バリバリだった 田原“BIG”俊彦 だよ!w)。

ああいうの、忘れらんないな。
そりゃ分かるけど。
分かりますけどね。
ただヒロトは僕からしたらヒーローなんだけど、それでも向こう側の共演者たちと比べたら、あくまでもヒロトはこっち側の人間なんだな。
ってことを確認できて、余計にヒロトが好きになりました。
キャンパスナイトで歌う峯田さんを見て、あらためてこの人のファンで良かったと思いました。

♪〜 “このまま僕は 汗をかいて生きよう
   ああ、いつまでも このままさ” 〜♪  
by 『人にやさしく』
自分もずっとこっち側、そんな感じでいたいですね。


♪今日のBGM : 分かってたまるか! / セックス・ピストルズ
| 音楽 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
その番組地方だから放送されてないので見れなかったです。「ボーイズ・オン・ザ・ラン」歌ったんでしょうか?その映画も地方で(略)

自分は銀杏BOYZをDVD以外でテレビ画面で見れたのはNEWS24しかないですが、あの時はキャスターさん達の雰囲気良かったです。(若い女性のキャスターさんが驚いた反応も)
私にとっては峯田君は何だかんだと充分眩しい世界の人で羨ましいです(山ちゃんも)。「恋と退屈」文庫版のあとがき見て心のハンカチ噛んできぃぃーとなりました。
| おる | 2010/02/11 3:25 AM |
おるさん。
歌ったのはべろちゅーでしたよ。映画の宣伝で出たのにw。
NEWS24がテレビ初登場でしたよね。
あのときは何かやらかすんじゃないか?、二度と出られなくなるような事件を起こすんじゃないか!?、と思って超ドキドキしました。
そしたら意外と行儀良かったけど。
山ちゃんや峯田さんの言う「モテない」は、一般人の自分らが言うリアルな「モテない」とは種類が違うだろうな…ってことは、僕もうすうす気付いてますw。
でももう少しだまされていたいんです(笑)。
もう文庫版出てたんでしたっけ。今度立ち読みしてみますね。
| テラ | 2010/02/12 12:22 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://osizusan.jugem.jp/trackback/610
トラックバック