<< あくまでも謎の男 | main | だってボロだもん >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
あくまでも謎の男(その2)
前回からの続き。
スッキリでの山ちゃんは正体を隠して出演しているために 「謎の男」 と名乗っているのですが、世の中には他にも様々なタイプの 「謎の男」 が存在すると思うんです。
例えば覆面プロレスラー
リング上ではヒーローな彼らも、私生活ではマスクを脱いだ野ヅラのおっさん。
別人ですよね。
そこを考えずにズケズケ話かけちゃうとどうなるか?という経験談を1つ。

中学生の頃、よく友達何人か連れて新日本プロレスの道場に行くのが趣味でした。
その入り口付近でレスラーを待ち伏せして、話しかけたりサインをもらったり。
そしたらあるとき、マスクをかぶっていない 素顔の獣神サンダー・ライガー選手がやって来たんです!。


 
   ←この人

もちろん素顔だから、最初は 「どこのオッサン!?」  なのか分かんなかったんだけど、髪型と肩の筋肉の盛り上がり方が明らかにライガーのそれと一致してて(笑)。
「うわっ、ライガー来たよ!!」 って感じで、思い切ってサインをねだってみたところ、
ライガーから一言…

テラ 「ライガーさん、サインください!」

ライガー「今はライガーじゃないからダメだ」

…とか言われて、バッサリ。
思った以上にビシッと線引きされちゃって。
そのまま 「向こう行け」 みたいなジャスチャーをしながら、とっとと道場の中に入っていっちゃいました。 子供に対してそりゃないよねw。
ライガーなんて新日本プロレスの中でも特に子供ウケ担当のレスラーだったのに。
だからまあ、マスクマンにはそういう人もいるんですよっていうお話でした。ハイ。

で、話は変わりませんが、
ライガーにハネっ返された僕らは、次にライガーが乗ってきた自動車(ライガーのマイカー)に興味を持ち始めて。
みんなで車の窓にべばり付きながら一生懸命車内の様子を物色してたんですよ。
そしたら友達がライガーの免許証を発見して…、

友達A 「見て見て、あそこに免許証あるよ。
    …うわっ、しかもライガーの本名、『山田』 っていうんだって!(笑)。」
友達B 「マジ?、めちゃくちゃ普通じゃん(笑)。」
全員 「ギャハハハハハハ!!(大爆笑)。」

みたいな。大盛り上がりw。
そしたらその瞬間ライガー(山田さん)が道場から飛び出して来て、腹の底から、

「ゴラァーッ!!、何してんだーーっっ!!!」

とかって、ものすんごい剣幕で怒鳴られたんだから!(笑)。
ビビって即行で逃げ出しましたもん、僕らが100%悪いんだけど。
でもまあ、今になれば楽しい思い出かなっていう、やんちゃなお話でした。ハイ。

さて、ここで話は変わりませんが、
山田(ライガー)さんと僕はよっぽど縁があるのか、その後しばらくして今度は六本木で完全プライベート時の彼に遭遇したんですよ(笑)。 完全なる山田さんに。
でもさすがにもう声はかけませんでしたね。どうせまた拒否られるの分かってるし。

それはべつに山田氏がイケズだとか言いたいんじゃなくて、やっぱり覆面レスラーには覆面レスラーの美学やポリシーがあると思うんですよ。
だから僕らもあまり正体をイジっちゃいけない(笑)。
その点、謎の男歴の浅い山ちゃんなんかは、まだまだ隙だらけだったのかな。
皆さんも もしオフってるときの謎の男たちに出会ってしまった際には、舞い上がらずにいったん冷静になって対応を見極めて下さい。


♪今日のBGM : 怒りの獣神 / 弘妃由美
| その他 | comments(5) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
その人ですかwでもこれは確かに愛想が悪い?のも仕方がない感じかも・・・
本気でガッチガチの設定がありそうだから(笑)
山ちゃんの設定はもうチラリズムどころの話じゃないしw
中学生でもプロレスの試合とか見に行ったりするんですね。
やっぱり東京は一味違います。そっちの方に何故かびっくりしましたw
そういえばしずちゃんがコンパしたのが覆面レスラーでしたっけ。

じゃあ私も超愛想よかった芸人さんの名前をば。
NONSTYLEの井上くんです。本当にニッコニコで手を振ってくれました。
山ちゃんも何度か見たことがありますが、身のこなしがめちゃくちゃ早いので
「あっ・・・!」と思ったらもう目の前から消えています(笑)
私は基本、山ちゃんが怖いので話しかける気は全くなかったんですが、
あの身のこなしはただ者じゃないなと思ってましたw
いちど計らずも通せんぼ状態にしていたことがあって、「あ、すみません汗」と
言って退くと「いえいえ」と言ってすばやく追い越していきました。
思えばあれが初めての山ちゃんとの会話?だったかも。
| なつき | 2009/06/05 8:30 AM |
>なつきさん
ウロつく山ちゃんをスルーするあたりが山ファンの鏡ですね。
私もその都度彼を発見しますが…
怖いですよね(笑)
気軽に声なんかかけらんないです
山ちゃん結構大男で。
湖畔でかわいい鳥を見て、手のひらサイズだと思って近寄ったら
小学校低学年児童位あったみたいな衝撃受けますわ。
でも応援してます(笑)
| アキラ | 2009/06/07 12:37 AM |
なつきさん。
夢を売る商売の人もいろいろ大変でしょうね。
今は違うけど僕らの頃ぐらいまでは会場で一番熱心に応援してたのは小中学生でしたよ。たぶん東京以外でも同じじゃないかな?。

僕も井上さんだろうと思ってました(笑)。
前にインタビューで、「今までもらったファンレターには全て返事を書いてる」と言ってたので、すごくファンを大切にする人なんだなっていうイメージがあります。
もし全国区で顔の売れた現在でも全員に返事を出してるとしたら表彰もんですけどね。どうなのかな。
山ちゃんとの初めての会話それなんですか(笑)。
やっぱりカラまれぐせがある人は自然と早歩きになっちゃうんですかね。
| テラ | 2009/06/09 10:08 PM |
アキラさん。
一応僕からですが返事をw。
山ちゃん怖いですか〜?。なんでだろう、威圧感ですかね。
でも確かに「実際会うと意外に大きい」とかよく言われてますよね。
テレビに映ってるときは隣にどデカい比較対象物があるから、山ちゃんは小さく思われがちなのかもしれないけど。
逆にナイナイのやべっちなんかは「実物は案外小さい」とか言われまくってそうw。
僕は初めて生の南海キャンディーズを目の当たりにしたときは、山ちゃんよりもしずちゃんの方が近寄り難かったですよ。
| テラ | 2009/06/09 10:12 PM |
>アキラさん
山ちゃんのたとえが秀逸すぎる(笑)そんな感じですよね。
大阪では声をかけることはないんですが、東京へライブを見に行った時は
出待ちなるものをしたりすることも。年に数回東京に行くことは一応「ハレ」なのでw
でも、いざ話しかけると怖いのと緊張するのとで、この上なくしどろもどろになります。
山ちゃんの対応はとても丁寧なんですけどね。
あと私と山ちゃんの身長差はほぼ30センチあるので物理的にも圧迫感が(笑)
やっぱり湖畔遠くから眺めているのがいいのかもしれません。

>テラさん
あ、井上くんだと思っていたんですねwさすがです。
ファンレターの話は私も聞いたことありますが今はもう無理な感じもしますね・・・
山ちゃんは好きだけど怖いですね。何でだろう。
ラジオだのライブだので色々知ってしまったからでしょうか(笑)
山ちゃんとの初めての会話(?)ですが、通せんぼ状態になっていた時の
山ちゃんの心の中の状況を考えたら、今更ですが怖くなってきました。
絶対に罵詈雑言な気が(笑)覚えているのなら聞いてみたいですw
| なつき | 2009/06/10 1:18 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://osizusan.jugem.jp/trackback/510
トラックバック