CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
バシタカ最恐伝説 〜其の弐〜
同じ先輩・後輩関係でも、
今の若手芸人から見た、“雲の上の存在” とんねるずと、
ウンナンから見た、“同世代の先輩” とんねるずでは、
全く緊張感の質が違うと思うんだ。

例えば自分が中学1年生の男子だったとして。何よりも緊張する相手っていうのは、
歳の離れた高校生や大学生のにいちゃん達なんかではなく、
同じ中学にいる1コ上、2コ上の先輩じゃないですか。
学校内でも外でも、できるだけ会いたくないっていう。
遠くに彼らの姿を見つけようもんなら、ササっと物陰に隠れちゃうようなさ。

そゆことかもしれないな、ナンチャンの貴さんに対するド緊張の仕方は。
そのうたばんの収録が、実に2人にとって15〜6年ぶりの共演だったんだって。
で、そのナンチャンの様子をテレビで見て、他人事のように面白がっていたウッチャンがいたんだけど。
その翌年ですかね…、
ウッチャンの元にも、うたばんからの出演オファーという名の、別名 赤紙 が届いたのは。

というのも、ウッチャンも当時 “ウルトラキャッツ” というダンス&ボーカルユニットをやっていて、それがCDデビューすることになったんだ。
メンバーはウッチャン、ウドちゃん、さまぁ〜ず大竹さん、そして韓国人の女の子と。
当然僕はその出演決定の話を知ったときに大喜びしちゃって。
貴さんとナンチャンの2ショットを見られただけでも幸せだったのに、今度はウッチャンもですか!と。

果たしてオンエア当日。
番組冒頭、まずは 「本日のラインナップ紹介」 といった形で、ウルトラキャッツの歌のシーンがチラッと映ったんです。
「おおっ、踊ってるよウッチャン!。」
夢のようだけど本当にウッチャンがうたばんに来たんだ!という光景を目の当たりにして、いよいよ僕の興奮はピークに。

そしてそしてお待ちかねのトークコーナー。
中居くんが 「本日のゲスト、ウルトラキャッツの皆さんでーす!」 と呼び込みます。


まずはウドちゃん登場!。


そして大竹さん登場!。


さらに韓国人のジニーちゃん登場!。


そんでもってついに、ついにリーダーのウッチャンが、登場…、




‥‥し、しない‥‥。
 




…あれ?、出てこない!?




なんで?、さっきまでいたのに。 踊ってたのに。

だから中居くんも、「あれ、今日内村さんは?」 とか聞くんだけど。
そしたらウルトラキャッツのメンバーが、
大竹 「あー、内村さんね〜… (と言ってウドちゃんの方を見る)」
ウド 「ふふふ、ねぇ〜〜〜… (と言って大竹さんを見る)」
大竹 「内村さんちょっと…なんか…。いろいろ忙しいみたいで…(欠席です)。」



…あ、やりやがったなあの人。



他のメンバーがすごく言いにくそうで困ってたけど、
要するに完全なるバックレ事件ですよこれはw。
どうやら歌録りの収録だけ参加して、トークの前に帰ったっぽいね。
もうここまで露骨に、大の大人が逃げ出しちゃった光景を初めて見たわ。
なんというか、ウッチャンらしいというか…。
よく考えたらあの人こそ、人見知り芸人のハシリじゃないですかね?(笑)。

ということで、結局ウッチャンと貴さんのカラみは実現しないまま、今日に至ってるわけですけど。
うーん、そんなに貴さんって怖いのかな〜。
これがもし人当たりのいい憲さんの方だったら、相手の緊張感も少し違うのかもしれないけど。
いかんせん貴さんにはあの昭和の体育会系まる出しな威圧感があるからなw。 でかいし。
でもいつか彼ら世代がおじいさんになって、お笑い界の第一線を退いたあとに、
みんな何の壁もなく気軽に共演できる日が来ればいいですね。ほんとに。

そんな貴さんもね、食わず嫌い王にビートたけしさんが初登場した際には、
むちゃくちゃ緊張しっぱなしだったこともあるんだから。 
でもそれはもう、内緒にしといてあげよう。


♪今日のBGM : 青の住人(すみびと) / TERU
| お笑い | comments(2) | trackbacks(0) |
バシタカ最恐伝説 〜其の壱〜
お茶の間に愛されたり怒られたりしながら14年続いたTBSの 『うたばん』 が、今週とうとう最終回を向かえました。
ああ、暴れん坊でやんちゃくれな貴さんを見られる番組がまた一つ減ってしまう〜。
もともとこの番組はとんねるずの2人に司会のオファーが行ったんだけど、憲さんが断ったんですよね。
そこで白羽の矢が立ったのが、SMAPの中居くんと。 晴れて名コンビ誕生。

そして今日は14年の歴史の中でも、僕が特に好きだった放送回ベスト3を発表します。
誰にも望まれていないのに、堂々と発表します!。


☆1999年 【野猿vsモーニング娘、伝説の初対決】 の回。
若い女の子達(モー娘)を前にして、平均年齢30オーバーの野猿が大はしゃぎ!。

☆2001年 【『笑う犬の冒険』から、はっぱ隊登場】 の回。
お笑いマニアにはたまらない、貴さんとナンチャンが夢の共演!。

☆2002年 【うたばんのど自慢スペシャル】 の回。
その日は裏番組のFNS歌謡祭に人気アーティストを全員持って行かれたため、
うたばんはゲストを呼べずに、SMAPととんねるずの2組だけでハチャメチャな歌合戦!(まるで芸能人の宴会を見ているよう)。


以上の3回だけど、特に注目はやっぱりはっぱ隊の登場で実現した、貴さんとナンチャンの貴重なカラみですね。

お笑いの世界って、トップクラスの芸人さん同士 (例えばさんまさん、たけしさん、とんねるず、ダウンタウン、ウッチャンナンチャンなど) は、なかなかお笑い番組やバラエティー番組では共演しないですよね?。 簡単にはできないというか。
だってお笑いのスタイルがみんな違うし、
それぞれ看板を背負ってるから、一回の共演だけでどっちが面白かったとか、視聴者に勝ち負けを判断されても困るしね。

それがはっぱ隊のCDデビューのため、うたばんにさらっとナンチャンが出演したことによって、
「そうか!。お笑い番組でガッツリ共演するのは無理だとしても、彼らの専門外である音楽番組でなら、気軽にカラむことも出来るのかも…」
っていう可能性を感じたんですよ!。
だからダウンタウンが適当に歌を出してうたばんに来るもよし、野猿や矢島美容室がHEY!HEY!HEY!に行くもよし、みたいな。

でも当のナンチャンといえば、テレビで貴さんとトークしなきゃいけないってことで、めっちゃくちゃ緊張しちゃって!(笑)。
もうガッチガチなんだ。
“はっぱ隊のリーダー” っていうキャラクターの上でしゃべった方が良いのか、
素の南原清隆としてしゃべった方が良いのか…すらも決めかねてるし。
一方の貴さんは自分の方が先輩だから、べつに緊張するってことはないんだけど。
とにかくあんなに姿勢良く、ピンと背筋を伸ばしてるナンチャンの姿を見たのは、ウリナリの社交ダンス部以来だったねw。
まだ他のはっぱ隊メンバーのネプチューンの方が、貴さんとカラみ慣れてる感じで。


100917_2158~01.jpg

“夢の2ショット”


と、字幕が出てるが、
風格的にはドッシリとした親分と、ゴマスリの子分のようだ(笑)。



100917_2159~02.jpg


そして関東のお笑い界について語る石橋兄貴と、

横でだまって頷くだけのイエスマン南原。



で、放送後にそれを見たウッチャンが、「お前、貴明さんの前でめちゃくちゃ緊張してたよなぁ(笑)」 と、ニヤニヤ笑ってナンチャンのことをからかってたんだw。
他人事だと思って。


…きっとそのときのウッチャンは、『明日は我が身』 という言葉を知らなかったんでしょうねぇ…。


ちょっと長文になってしまったので今日はここまで。
次回、『今度はウッチャンの番だ』 の巻へ続きます。


♪今日のBGM : 関東裸会の唄 / 関東裸会 三羽烏
 
| お笑い | comments(2) | trackbacks(0) |
イッツ・ア・パーティータイム☆
 “ラジオ好きに悪い人はいない” っていうお話、第2弾。
(あ、でも悪い人はいないけど、良い意味で変わった人はたくさんいそう。)
前回はヤンピース最終回にあたってネタ職人さんたちから声をかけていただき、その輪に混ぜてもらったエピソードを書きましたが、
あれがちょうど2年前の夏の出来事でした。
そいで今年の夏がまたすごいんだ!。
なんとですね…、日本一のラジオっ子と呼んでも過言ではない “あの人” と、ラジオ談義をすることができたのです。


そう、森三中の黒沢さん。


黒沢さんと言えば、かなりの深夜ラジオマニアとしておなじみで。
「電波が届かない地方局の番組も聴きたくて、家に有線を入れた」 とか、
「どんなパーティーや打ち上げ会場の席でも、聞きたい放送の時間になると、その場でイヤホンを付けてラジオを聴き始めてしまう」 などなど、
リスナーの鏡とも言えるような逸話を数々持っておりまして。
人付き合いよりもラジオを優先させるという、ほんとラジオで人生狂っちゃってる(≠救われてる)典型的なタイプの人です。 芸能人には珍しい。

そんな黒沢さんは現在、映画初挑戦にして初主演となる 『クロサワ映画』 が公開中でして、僕もそれを観に行ったんですよ。
舞台挨拶付きの回を。

なので映画終了後に生の黒沢さんが登場したわけだけど、
なんとあの人、舞台挨拶にも関わらず舞台には上がらないで、マイクも持たないで、いきなり客席に降りてお客さん一人一人とおしゃべりしに来てくれたんです。
つまりは突然のテキトー・ハニー襲来!!。

どうしようどうしよう!?と。 いまに自分のとこにもやって来るぞと。
大抵のお客さんはやっぱり映画の話をしてるんだけど、
僕は黒沢さんとしゃべれるなら、どうしてもこれだけは伝えたい!という事がありまして…。
だから自分の番が回ってきたときに、ちょっと場違いかもしれないけど思いきって言ったんです。

「黒沢さん、僕もすごくラジオが好きなんです!」 と。

そしたら黒沢さんもいい人だから、僕の会話にわざわざ付き合ってくれて。
黒沢 「ほんとですか!。どんな番組を聞いてます?。」
テラ 「えっと…山ちゃんと、ナイナイさんと、オードリーです。」
黒沢 「あ〜なるほど、そっち系!。」

…そっち系ってどっち系?(笑)。

黒沢 「山ちゃんはTBSですよね。雨上がりさんが前にやってた時間に。」
テラ 「はい、そうです。」
黒沢 「雨上がりさんのラジオは聴いてました?。」
テラ 「聴いてました!。ブリンには黒沢さんも何度か出演されてましたよね。」
黒沢 「そうそう、私ブリン大好きだったんですよ〜!。」
テラ 「(笑)、それでブリンが終わってからはそのまま山ちゃんの番組を…?。」
黒沢 「あ、山ちゃんのは聴いてないの。」


はやっ、即答。 僕の質問が言い終わる前に答えるっていう。

テラ 「そうなんですかw。」
黒沢 「うん、山ちゃんのはねぇ。でも前まで山ちゃんはずっとニッポン放送で番組やってたんですよね。」
テラ 「はい。あ、じゃあその頃は聴いて…?。」
黒沢 「ううん、その頃も聞いてないの。」


だから早っ!。 どうやら山ちゃんのは一切聴かないようですw。
でもそこには意外な理由が…。

黒沢 「う〜ん、山ちゃんは私より後輩だから。後輩の番組はちょっとねぇ…。」

おおっ、これはもしかして黒沢さんの芸人としてのプライド!?。
またはミーハー体質の彼女だから、後輩たちの話にはさほど興味ない?。
そしてここからはラジオ愛好家・黒沢先輩による、とっても勉強になる解説が始まります。

黒沢 「それに雨上がりさんたちは一方的に2人でしゃべり合ってる様子を、リスナーが聴くような番組だったけど、
山ちゃんはリスナーに向かって話しかけるスタイルじゃないですか?。」
テラ 「ええ。」
黒沢 「そうなると(山ちゃんは若いリスナーに向けて話してるから)、私なんかはもう山ちゃんの番組を聴く世代ではないんだなぁ〜と思っちゃうの。」



…こ、これはもしや、めちゃくちゃ深い話なんじゃないですか!?。 目からウロコな。
確かに山ちゃんは、主に若い男子たちが自分の番組を聴いてると想定して、トーク内容を選んでる感じがします。
アイドル話や可愛い女優さんとの妄想話、AV話やラブホテルからの生中継など。
そうするとコアなファンはつくかもしれないけど、リスナー層は限定されるのか。

逆に雨さんたちみたいに、2人でワイワイくっちゃべったりボケ合ったりしてる様を流す番組の方が、まだ聴く相手を選ばないんだ。 そっかそっか。
わーすっごいや黒沢先輩!。
先輩というか、もはや師匠といってもいいですね。

で、いったん話を戻して。
その時間、他のお客さんは何をしてたかというと、
シーンと静まって僕らの会話を聞いてるんですよ。
でもただでさえシーンとした中で、深夜ラジオのトークをおっ始めちゃったもんだから、いよいよポカーンな空気に包まれてしまって。
慌てて黒沢さんがみんなに分かりやすく説明するという一幕に。

黒沢 「あ、ごめんなさいね、ラジオの話になるとつい熱くなっちゃって(笑)。
ブリンっていうのは雨上がり決死隊さんがやってたラジオ番組のことで、
山ちゃんっていうのは南海キャンディーズの山ちゃん。
山ちゃんは私よりも年上なんだけど、後輩なんですよ〜。」
客席 「へえ〜↑↑。」
みたいなw。
見かけよりも意外と若手だった山ちゃんにびっくり?。

そんな感じで。
すっごくフレンドリーでいい人でしたね〜。
テレビではよく 「極度の人見知り」 とか、「人と話すのが苦手」 とか言われてるけど、
ラジオ談義になったとたん、あんなり饒舌にしゃべってくれるとは。
僕は前々からラジオを愛する黒沢さんに勝手に親近感を持ってて、
「黒沢さんとラジオのお話ができたら楽しいだろうな〜」 とは思ってたんです。
でもそんなのはどだい無理に決まってたはずなのに、この度ひょんなタイミングで夢が叶ってしまいました。 嬉しい♪。
映画観に行っただけなのに、良い思い出ができたな〜。の、夏。

そしてあんだけ古今東西、芸人さんのラジオなら何でも聴き漁ってると思われた黒沢さんが、山ちゃんの番組に関しては一切聴かないという事実が面白かったですw。
聴いてないわりには あなた詳しすぎるわ!(笑)。


♪今日のBGM : I DON'T KNOW / MICA 3 CHU
| お笑い | comments(2) | trackbacks(0) |
ビートの遺伝子
最近オードリーのANNの中で、ビートたけしの 『浅草キッド』 という曲がよく流れていまして。
これはたけしさんがまだ無名の漫才師だった頃の 下積み時代を回想した曲なんだけど、
耳に入ってくるうちにだんだん僕も中毒になってきちゃって。
そのCDをレンタルしてきて、今、狂ったように聴きまくってんですよ。
これ聴いてると 「お笑いコンビっていいなぁ〜」 なんて、改めて思うわけ。


<歌詞から一部抜粋>
同じ背広を  初めて買って
同じ形の  蝶タイ作り
同じ靴まで  買う金はなく
いつも笑いの  ネタにした
いつか売れると  信じてた
客が2人の  演芸場で…

夢は捨てたと  言わないで
他にあてなき  2人なのに
夢は捨てたと  言わないで
他に道なき  2人なのに


辞めていった相方への歌なのかな?。
とにかくラスト4行に詰まった、“もう引き返せない” 感じ?。
今さらカタギにゃ戻れねえし、みたいな。 シビれるよね〜。
お笑いコンビって 考えようによっちゃあ、この売れない時期が一番美しいかもしんないね。 純粋で、ハングリーで。
それに僕ら普通に生きてて、“誰かと2人で同じ夢を見る” なんて状況、そうそうないじゃないですか。
素敵なことだと思うな。 本人はそりゃ大変だろうけど。

でも悲しいかな自分たち一般視聴者は、
普通は芸人さんが売れてから、テレビに出るようになってから初めて彼らの存在を知るわけだから、
その一番美しい時期を見られないんですよね。
南海キャンディーズだってM-1グランプリで初めて存在を知ったけど、
極端な話、もうその翌日からあっという間にスターになっちゃって。
彼らが人知れず路上で漫才したり、なじみの居酒屋の小さな店内スペースを借りて漫才してた時代を見れなかったわけじゃないですか。
有名になりたくて、認められたくて、2人で一心不乱に漫才だけやってた時代を。

もしかしたらコンビによっては最初の夢を叶えたあとも、次の目標、また次の目標と、ずっと二人三脚でやってける人たちもいるかもしれないけど、
なかなかそれは難しいことですよねぇ…。
特に南海なんて、山ちゃんとしずちゃんが同じ夢を見る日はもう二度と来ないかも。
そもそものたけしさんだってさ、浅草キッドを歌ってた頃にはすっかりピン活動をメインにしてたわけだし。
まさか今から山ちゃんがボクシングのトレーナー資格でも取って、
「しずちゃん、俺と一緒に世界チャンピオンを目指そうぜ!」
…とはならないもんねぇ絶対(笑)。


さて、ここでたけしさんについて少し。
僕はこうやってブログの文章を書くに当たって 影響を受けた人物が2人いるのですが、そのうちの1人がビートたけしなんです。
というのも、僕ら世代は映画監督の武さんは知ってても、バリバリお笑い芸人をやってた頃の殿のことはそんなに知らないので、あと追いあと追いで勉強しますよね。
それこそひょうきん族のビデオを借りまくったり、オールナイトニッポン関連の本を古本屋で買い漁ったりして。 ←わたくしが高校生の頃の話。

で、そのANN本の中に 『オールナイトニッポン事件簿』 っていうたけしさん書き下ろしのコーナーがあったんだけど、それにめちゃくちゃ衝撃を受けたんですよ!。
内容の面白さはもちろんのこと、驚くべきはその読みやすさとスピード感!!。
まるでたけしさんの軽快なしゃべり口調が聞こえてくるかのような文体で、スイスイ読めちゃって。
仮に読書が苦手な人でも、漫画やテレビを見るぐらいのテンションでサクサク進むんだから。しかも笑えるっていう。
ほんっと僕の理想です。
ああいう文章が書きたくてブログをやってるのかも。

てなこって、僕がたけしさんに影響受けたのは確かですが、
たまーに この日記の文章、「山ちゃんっぽいね」 とか言われることもあるんですよ。
でもちょっと待って、そのつもりはこちとら全然ないから!(笑)。
だって山ちゃんのあの回りくどい言い回しツッコミっていうの?、
あんなの真似したくても出来ないだろうし、そもそも真似したくもないしねw。

「皆さんの心の辞書に 『やさしさ』 という言葉はないんですか!?。」

…とかさ、この1ツッコミだけで30文字も消費したっつーの!。めんどくさっ。





♪今日のBGM : 浅草キッド / ビトたけし
| お笑い | comments(0) | trackbacks(0) |
ワチャワチャっと終焉?
…あれ?
もしかしてお笑いブームってそろそろ終わりかけてない??。

なーんて、それはべつにいいんだけど。
こないだのS-1バトルを見てたらそんな印象をヒシヒシと感じたので。
もうあんなの末期も末期じゃないですか。ブームの。
行き着くとこまで行っちゃったバブルは、あと崩壊するだけ。
あれはノンスタイルが気の毒だったよ。
ゴールデンの生放送で1億円なんてゲットされた日にゃあ、視聴者としてはドン引く以外の感情を持てないもんw。 ご愁傷さま。

それとどうやらこのタイミングで、一時はブームの象徴的番組だったエンタの神様が終わったんでしょ?。
これでテレビの世界も少しすっきりしたらいいかもね。
だってここ数年はテレビに出てくる芸人さんの数が多すぎて、
何て言うか…、ワチャワチャ しちゃってたじゃないですか。
僕なんてもう全然ついていけてなくて。

で、そんなワチャっとした 「何この人?」 みたいな、
「今こんなのが流行ってんのかい!?」 みたいな芸人さんを見かけたときにね、
その人のことよくよく調べてみたら、たいていエンタ芸人なわけw。
だから完全にあの番組なんだよ、お笑い界をワチャワチャさせてた張本人は。

僕は80年代の漫才ブームとか、90年代のボキャ天ブームのことはよく知らないけど、現在のお笑いブームのような長ーく続いてるお祭り騒ぎも珍しいんじゃない?。
そろそろシビアにふるい分けしてさ、本当に実力のある芸人さんだけでテレビをやってくれてもいいよね。すっきりと。

…でもこんなことのんきに書いといて、もしも自分が応援してる芸人さんがふるい落とされちゃったら泣くけどね。
粘れ、南海キャンディーズ!。


♪今日のBGM : DO-DO FOR ME / 知念里奈
| お笑い | comments(4) | trackbacks(0) |
燃えろ!ビビる大木
〜前回の続き〜
「国仲涼子ちゃんと友達になりたい!」
と目標を立ててはみたものの、女優と芸人じゃ棲む世界が違うし、なかなかお近づきになる機会が持てないでいた大木さん。
ただただテレビの向こうの国仲さんを見て、彼女のこんなところが可愛い、こんなところが素晴らしいと、ラジオで語るだけの日々が続きました。
しかし目標ブチ上げから4カ月が過ぎた頃、突如その夢に急展開が訪れたのです。

それは 『ネプリーグ』 のゲストで国仲さんが来る日に、たまたま大木さんもキャスティングされるという奇跡!。 念願の初共演でした。

…なのに結局勇気がなくてスタジオでは話しかけられず、楽屋に帰ってウジウジしてしまった大木さん。
そこに事情を知る先輩のネプチューン泰造さんとホリケンさんが助けにやってきたんですね。
堀内 「女優さんなんてめったに会えないんだから、友達になりたいなら今日しかないぞ。」
泰造 「大木、俺が一緒に挨拶に行ってやるよ。」
みたいな。青春野郎たちの応援を受けて国仲さんの楽屋に押し掛けることに。

泰造・堀内 「涼子ちゃん、今日はありがとね、わざわざ。」
国仲 「あ、お世話になりました。ありがとうございました。」
泰造 「大木!、何か言うことあるんだろ?。」
大木 「すみません、よかったら僕と友達になってくれませんか?。」
国仲 「…あ、はい。ぜひ。」
大木 「ええっ!、いいんすか!?。」

なんとも嬉しい二つ返事!。
さらに泰造さんのキラーパスは続きます。
泰造 「だったら大木、お前のメールアドレス渡しちゃえよ。」
大木 「いいんすか泰造さん!。」
堀内 「良かったじゃんメル友になれて。」
大木 「いいんすか堀内さん!!。」 (と言って、メアドのメモを国仲に渡す)
泰造 「涼子ちゃん、今日家に帰ったら 『お疲れ』 ぐらいでいいからさ、大木に一発メールあげてよ。」
国仲 「わかりました。ありがとうございました。」

キターーーーーーーーっっ!!でしょこれ。
この報告をラジオで聴いてた僕も、我がことのように興奮しちゃったんだから。


…しかしそれから3週間。 待てど暮らせどメールは送られて来ず…。

しびれを切らした大木さんが、トリビアの泉メンバーの八嶋さんに相談したところ、
八嶋さんは国仲さんと知り合いの知り合いだったらしく、「大木君が寂しがってるからメールしてあげてよ」 と、わざわざ国仲本人に言ってくれたんだって(笑)。
よし、今度こそ大丈夫だろう♪。


…それから2週間、依然として彼女からのメールは届かず…。

諦められない大木さんはさらにトリビア仲間のMEGUMIさんに頼んで、八嶋さんのときと同様の作戦を実行してもらうも、やはり返事は得られず。

あげくの果てにはDoCoMoの問い合わせセンターにも 「俺に来るはずのメールが届いてないんじゃないか!?」 と苦情を入れてみたものの、「そのようなことはございません」 と突き返される始末w。
こうなったら最終手段に出るしかないと、
なんと…、なんと渦中の国仲涼子を無理やりラジオの生ゲストにブッキングしたんです!!。秘技 “職権乱用”。)
友達になってくれる約束をしたのになぜメールをくれないのか?、それを直接聞きたいがために!。
(もうここまで来ると、<純愛とストーカーは紙一重> という説を地で行ってるねw。)

そしてついに迎えた運命の日。
いよいよ逃げも隠れもできなくなったゲストの国仲涼子と、面と向かって一対一。
ずばりメールの件について本人に問いただしたのですが…、
返ってきたまさかの答えに僕らも震えましたねー。




国仲 「あのぉ…、大木さんのアドレスをドラマのプロデューサーに取り上げられてしまって…。」








…んなわけないだろおぉぉーーーーーっっ!!!!。








ゼエ…、ゼエ…。 つい心の声が…。
だって例えば国仲さんの事務所の人間、マネージャーが取り上げるのならわかりますよ?。
ウチの大事なタレントに変な虫が付いちゃいけないってことで。
でもドラマのプロデューサーは全く関係ないじゃないすか!(笑)。
国仲涼子が誰と交遊しようが。 部外者なんだから。
国仲さんも、つくならもっとマシな嘘ついてごまかして欲しいよね。
大木さんの負けっぷりがモテない自分の姿と重なって、すっごく悲しくなったわ。

まあ、とはいえ優しいビビるちゃんだから、それ以上突っ込むことはせず、「そうだったんだ。そのプロデューサーもひどいことするね〜ハハハ。」 みたいな感じで乗ってあげてたけど。
(そして 『じゃあ改めて…』 なんつって、もう一度メアドを渡したけど。)

そんな、聴いてるこっちも大木さんと一緒になってわくわくドキドキできた楽しい思い出です。 ビビる大木のオールナイトニッポン。
正直、あのせいで僕は一時期 国仲さんのことが憎たらしくなっちゃったんだけど(笑)、
いま冷静に考えると、被害者はむしろ彼女の方ですよね。変なのに狙われちゃって。
最初にメールが来なかった時点で大木も察しろよとw。
そのあと周りの人間を使ってプッシュしたり、あまつさえ番組に呼び出したりしちゃダメだろと。
そもそも、いい大人が先輩に付き添われて告白したのがいけなかった??。
ああ、でもヘコんだわ〜。
大木さんにはいつか国仲さんを越えるぐらいの大金星をゲットして欲しいものです。

ちなみに大木オールナイトには、当時まだ普通にお友達関係だった酒井若菜さんもゲストで来ていましたw。
超・仲良さげだったよ。


♪今日のBGM : メス豚 / 銀杏BOYZ
| お笑い | comments(2) | trackbacks(0) |
オールナイトに溺れて
極楽とんぼのラジオ終了で僕らの青春オワッタヨと、嘆いている今日この頃ですが、
青春ってのはときどき向こうから帰ってくることもあるんですね。
昨日、4年ぶりに 『西川貴教のオールナイトニッポン』 が復活を果たしました!。
一夜限りではあったけど…、西川チャン楽しかったよ。
あの人は歌手なのに、並みの芸人さんよりもよっぽど面白いですよねw。
常に僕の中では、“オールナイトに復帰して欲しいパーソナリティー・ランキング” のトップ3に入ってますから。

ちなみにそのトップ3というのは、
くりぃむしちゅーの上田さん
ビビるの大木さん
TMRの西川さん
の3人なんだけど。
今回は西川さんのが聴けたし、次は大木さんあたりまた久々に深夜ラジオをやって欲しいな。 当時はかなりハマッて聴き込んでましたから。

だいたいね、みんなもっとビビる大木の凄さ、しゃべりの面白さに気づいてくれてもいいのにな〜と、常々思ってるんだ。 もっともっと。
テレビの世界じゃいつまでたっても脇役なイメージが強いけど。
自分の好みと世間の評価との差が大きくて歯がゆい芸人第1位なんですよ。
現在のナベプロお笑い班って、中山の秀さんとホンジャマカの恵さんがツートップで、その下に名倉潤がいる感じじゃないですか?。
でも秀さん恵さんが第一線を退いたあとにナベプロのエースを張るのは、名倉さんじゃなくて実は大木さんだと僕は踏んでるんですよ!。
名倉さんが上の2人のようにコンビ活動を捨ててまで王道の司会者路線を歩むには、ネプチューンの3人は仲が良すぎる(笑)。
きっと名倉さんはエースの座よりもネプチューンの活動を優先させるはずだね。
とりあえず10年後のナベプロ勢力図が楽しみです。

って感じで、大好きだったビビる大木のオールナイトニッポン。
その中でも毎週楽しみだったのが、大木さん憧れの人、国仲涼子への一途な片思い報告ね。
聴いてるリスナーは国仲さんになんて興味ないのに、毎週毎週、勝手に彼女への想いを語り続けるんだw。
その週に国仲さんが出演したドラマの感想とかをね。

で、大木オールナイトは半年間で番組終了することが決定してたんだけど、それまでには愛しの国仲涼子ちゃんと友達になりたい!という大きな目標を立ててさ。
実際にはまだ会ったことも話したこともないくせにだよ?(笑)。
ただ、そうと決めてからの大木さんの執念たるや!。
今で言うところの、“上戸彩ちゃんを追いかけ回す山里亮太” のごとく、あの手この手を使って国仲さんに迫ったんです。
そのときの様子を今回まとめようと思ったのですが、ちょっと長くなりそうなので今日はここまで。
全国のモテない男子たちよ、女の子に見向きもされなかった君たちよ、
大木さんと一緒に泣こうじゃないか!。


♪今日のBGM : 踊るダメ人間 / 筋肉少女帯
| お笑い | comments(2) | trackbacks(0) |
極楽とんぼに花束を
『スッキリ!!』 で 謎の男がしずちゃんへの愚痴をこぼすと、すかさず加藤さんが 「相方がいるだけいいじゃねえか!」 とツッコむじゃないですか?。
あれって相当本気で言ってますよね。
コンビで活動できることがどんだけ幸せなことか!っちゅー話で。

先週、足かけ10年間に渡って放送されてきたTBSラジオ 『極楽とんぼ(加藤浩次)の吠え魂』 の終了が発表されました。
あぁ、僕らの青春も終わったよ(泣)。
これでもう自分もラジオっ子を卒業しようかな…、とか考えてしまうぐらいにショッキングなんだから。
で、その終了告知のときに加藤さんが真っ先に触れた話題がやはり相方・山本さんのことでした…。

思い返せば4年前に山さんがいなくなって、コンビとしての吠え魂が最終回を迎えたときに、
「僕の希望としては、もし許される状況ができたら また2人でやりたいです」
という言葉で締めた加藤さん。
それから1人での吠え魂になって3年。
吉本興行は勝手に極楽とんぼの “解散” を発表してしまったけど、
加藤さんは毎週、放送の冒頭で必ず 「こんばんは!、極楽とんぼ加藤浩次です」 とコンビ名を付けて名乗ってたんですよ。3年間ずっと。
そこにはきっと 「極楽とんぼはなくなってないぞ」 という気持ちや 「いつでも山本が帰ってこられるように」 みたいな気持ちがあったんだと思います。
それだけに今回の番組終了のお知らせのときに、真っ先に山さんの名前を出して、
「どっかで 『また2人でできるんじゃないか?』 っていう淡い期待はあったんだけど。それができなくなくなっちゃったなぁ…。」
と、こぼした加藤さんはさぞ無念だったろうな。

ついこないだだって、極楽とんぼが結成20周年を迎えたという話で、
「まさか1人で20周年を迎えることになるとは思わなかったよ!(苦笑)。いつかまた2人でやれる日は来るんですかねぇ〜。」
なんてしみじみ語ってたばかりだよ?。つい先月の話さ。
そこからの急転直下な吠え魂打ち切り決定…。ギャフン。
きっと山さんが帰られる場所を残しておきたくてラジオを続けてたんだろうなあ。
テレビでの加藤さんは、今じゃすっかり情報番組の司会者だから、山さんが入れそうな番組をあまり持ってないですもんね。

こんなエピソードもあるんですよ。
山さんは芸能界をやめて宮崎県で暮らすようになってから、名産のマンゴーを相方に送ってるんだけど、それを食いすぎて加藤さんがマンゴー・アレルギーになっちゃったっていう(笑)。
今だかつてそんな美しいアレルギーを聞いたことないよ!。
コンビ愛が原因で発症してしまったなんて。
ここまで愛してくれる、帰りを待ってくれてる人がいるんだから、
せめて山さんは吠え魂の最終回までには(残り3回)、電話出演でもコメント出演でもメールでもFAXでもなんでもいいから、番組に連絡入れろいw。

僕はといえば、雨上がりに極楽とんぼ、今回の改編で好きだった番組が2つも終わるんだから、山ちゃんのが1つ始まるぐらいじゃバランス取れないんだよ!(笑)。
その分よーっぽど楽しい放送にしてもらわないと承知しないっつーの。
生き生きと嬉しそうにピンの活動ばっかりしてんじゃないよ!まったくw。



(…でもメデターイ!!!!!)

♪今日のBGM : I LOVE YOU / トリビュートby遠藤章三
| お笑い | comments(0) | trackbacks(0) |
ラストバーボンをホトちゃんに
8年間続いたTBSラジオの 『雨上がり決死隊べしゃりブリンッ!』 が今月で終わることになりました。
…ぐすん。
終わりが来ない番組なんてないけど、なんとなく放送も3年を突破したあたりからそういうのを忘れちゃうんですよね。
毎週毎週毎週毎週…日課のように聴いてると、それが永遠に続くような錯覚に入って。
そんな状態で突然告げられるお別れはショックも大きい。
ラジオを愛するテキトー・ハニー黒沢さんもドえらいショックを受けてましたw。

振り返るとこの番組の一番の楽しみ、一番の面白さはなんと言ってもホトちゃんなんですよ!。
テレビでのホトちゃんしか知らない方には想像しにくいと思いますが、
ラジオでの雨上がり決死隊は、“自由奔放にボケまくる蛍原と、突っ込みの宮迫” っていうバランスでいることが多くて。
おつむのネジが2、3本はずれたかのごとく暴走するホトちゃんが見られる(聴ける)のは 『べしゃりブリンッ!』 だけでした。

で、ブリンッ!は基本2人で喋るか、ゲストを交えて喋るかする番組なんだけど、
まれに雨さんがリスナーと電話を次々つなぎまくって遊ぶ回もあるんですね。
そういうときに常連のネタ職人の方々もちょくちょく登場して。
ラジオっ子の僕からしたら職人さん達だってちょっとした有名人だから、
「へえ、あの人こういう声でこういう話し方する人なんだ」 みたいな楽しみもあるわけ。

そんな中、以前から面白いネタ書くな〜と思ってた職人さんが電話に出てきたんだけど、それが意外にも女性だったからビックリ!。
ネタ職人してる人って、みんな男性なのかと勝手に思っていたので。
しかもその子の笑い方がすごく可愛かったもんだから、一瞬でファンになっちゃって(笑)。
ところが雨さんたちとトークする中で、「芸能人で言うとどんな男性が好みなの?」 と聞かれた彼女はこう答えたんです…





「芸能人で言うと、南海キャンディーズの山ちゃんです!。」







…ガガーーン!!。


‥‥‥‥‥‥‥。
まさかこんなところでその名前を聞くとは思わなかったから…w、ギクッとしたわ。
危うくファンの人がファンの人のファンになっちゃうっていう、どんなカオスだよ。
頼むからあんまりひょんなとこで存在感出してこないで下さい山ちゃんw。
しかもその女職人さんが 「周りからはB専って言われます…」 とか補足説明してたから、僕、 「“ビーセン”?ってなんだろ?」 と思って、意味調べちゃったし。

でもあの回も楽しかったですね。
残りの数回も耳の穴かっぽじって聴きますとも。
そして薄情かもしんないけど、もう雨さんが抜けたあとの水曜JUNKパーソナリティーの座が誰のものになるのか?を考えてワクワクしてます。

ラジオを愛する多重人格者・黒沢さんは 「これから深夜のラジオ界はどうなっちゃうんですか…?」 と心配していたけど、
なんだかんだでいつの時代も面白い番組は出てきてますからね。
深夜のお笑いラジオが死んじゃうことはないでしょう。
雨さんは長い間おつかれっした!。


♪今日のBGM : 桜 / ゆずず
| お笑い | comments(2) | trackbacks(0) |
名言ノートに狂犬登場
「自分はなんで市川海老蔵じゃないんだろう…(涙)」
…なんてことが頭をよぎった男性も多いのかな?。

平成のプレイボーイこと海老ちゃんが突然の婚約発表をしましたね。
あの天下の遊び人もついに覚悟を決めたわけですか。
聞きました?、報道陣に直撃インタビューされたときの、海老ちゃんの男前発言!。

記者 「海老蔵さんもとうとう “年貢の納めどき” ですか?」
海老 「まあ、あれほどの素敵な女性ですから、納めざるをえないでしょう?(キラーン☆)」

…なんっだよそのセリフ!!ww。
思わず吹き出しちゃったじゃないすか。
石田 “素足” 純一さんもそうですが、プレイボーイも行き切るとだんだん面白くなってきますよね。
僕にはそんなカッチョイ言葉、一生吐くチャンスないわ。
まさかお百姓さん以外に年貢を納めざるをえない人間がいるとも思わなかったしね。

で、今週の極楽とんぼ加藤さんのラジオでもその話題で盛り上がってまして。
女性にめっきり縁遠い工務店さんなんかが、「やっぱり海老蔵はすげえな〜」 みたいなテンションになってるわけ。
色気?、余裕?、…僕らと何が違うんだろうな〜?つって。
そしたら、男・加藤浩次がこう言ったんです!。

「でもね、人生 1人にモテりゃあいいんだよ。 10人、100人にモテる奴がいようがいまいが。1人だけにモテれば人生変わるよ?」

「0と1人は大きな違いだけど、1人と100人は一緒だからね。 
『俺なんかモテねえ』 とか思ってる奴も、悲観することないんだよ。」

だって。 これはきたな〜。
さすが、加藤 “狂犬のくせに愛妻家” 浩次だ。
言ってることが市川 “子供が一人、おりますねん” 海老蔵よりもよっぽど男前ですもんね。
僕は読書をするときなどに必ず、グッときたセリフをメモしておく 「名言ノート」 を書いているのですが、思わずこの加藤さんのお言葉を名言帳に書き足しましたから。
まあ、「0と1人は大きな違い」って箇所だけ、僕にとっては重たいけどw、
とりあえずありがと加トちゃん。

あ、ちなみに前回の日記で触れたイケイケの西やんについてですが、
ひと月ほど前にできた新しい彼女とは早くも別れたそうですw。
「今回は結婚も考えてます!」 なーんて浮かれてたのにね。
もうすでに次のハンティングに向けて動き出してるんだとか。
工務店さんやもちろん僕は、相変わらず浮いた話が何もない日々。
いろんな人生があるもんだあね。

とりあえず海老ちゃんは長い間オツカレサンデシタ。
もう二度とプレイボーイの血が暴れ出さないことを切に祈っています。


♪今日のBGM : 月に咲く花のようになるの / サンボマスター
| お笑い | comments(2) | trackbacks(0) |
| 1/3PAGES | >>